ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー・イベント企画メロディー
JR大阪環状線
各駅
JR大阪環状線 新世界と通天閣
JR大阪環状線。旧国鉄車両が未だ現役だが、プロジェクトの一環で新型車両が導入される予定(左)
新今宮駅近くの繁華街「新世界」の賑わい(右)
大阪環状線改造プロジェクト
(JR大阪環状線各駅 発車)

使用駅 曲名 備考
各駅 発車メロディー[動] 曲名と動画または下表を参照

 大阪中心部をぐるりと一周するJR大阪環状線は、多くの路線と接続し、都市の交通機関として重要な機能を果たしている。また沿線には大阪城や新世界などの観光スポットがあるほか、最近では大阪駅前に「グランフロント大阪」、天王寺駅前には「あべのハルカス」といった大型商業施設がオープンするなど、同線を取り巻く環境は大きく変化している。そこでJR西日本は、今後ますます利用が見込まれる同線を魅力ある路線にし、地域とともに大阪を活性化させることを目指して、2013年から「大阪環状線改造プロジェクト」をスタートさせた。

 この施策の一環で、各駅の特性を生かしイメージアップを図るために発車メロディーを採用することとなり、2014年3月15日のダイヤ改正にあわせ西九条、森ノ宮、京橋の3駅で先行導入。同年5月1日は大阪駅で、翌年3月22日には残りの駅で一斉に採用された。曲は利用者に愛着を持ってもらうため、地元の意見も参考にしながらそれぞれの駅に因んだなじみのあるものを選定した。中にはこじつけともとれるようなものもあるが、JRもそれは承知の上。大阪らしい斬新さがよく表れている。メロディーの制作は大阪の音楽制作会社・ステップが担当した。

 大阪環状線の各駅では1999年5月から、接近・入線・発車メロディーに「さわやかでシンプル」「八百八橋と川の流れ」をコンセプトにしたオリジナル曲(「イメージメロディー」の項目を参照)を使用していたが、発車メロディーのみ、所要時間の短縮を目的に2003年12月に廃止した経緯がある。その後2005年に福知山線脱線事故を起こしたJR西日本は、今回の発車メロディー採用の目的の一つとして「ドアが閉まるタイミングを早めに分かりやすく知らせ、余裕をもって乗車してもらう」ことを挙げており、従来のスピード勝負からゆとり重視に方針転換した様子が窺える。

JR大阪環状線各駅発車メロディー使用状況
駅名 曲名 備考 使用
開始日
大阪 やっぱ好きやねん 大阪市出身で関西を中心に活動していた歌手・タレントのやしきたかじん(1949-2014)の代表曲。たかじんは駅メロ採用の年の初めに他界した。 14/5/1
福島 夢想花(むそうばな) 関西を中心に活動する歌手・タレントの円広志(1953-)のヒット曲。歌詞の「回って回って……」と同線の環状運転をかけて採用。 15/3/22
野田 一週間 一週間の様子を歌ったロシア民謡。歌詞の「日曜日に市場へ出かけ……」と、駅近くにある大阪市中央卸売市場をかけた。但し曲ではいわゆる小売市場のことを指しており、卸売市場も日曜は休業。
西九条
(1・4番のりば)
アメリカン・パトロール アメリカ民謡を元にした行進曲。ハリウッド映画のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)への乗換駅であることを想起させる。 14/3/15
弁天町 線路は続くよどこまでも アメリカ民謡が原曲の童謡。かつて駅前に交通科学博物館があったことから、鉄道にちなんだ曲。 15/3/22
大正 てぃんさぐぬ花 沖縄民謡の一つで、沖縄県民愛唱歌にも制定されている曲。大正区は沖縄からの移住者が多く、「リトル沖縄」の異名を持つ。
芦原橋 芦原橋で活動する太鼓集団「怒(いかり)」の曲。浪速区には江戸時代に多くの太鼓職人が集まった。そのため駅周辺には太鼓メーカーが多い。メロディーには太鼓と笛の音も入る。
今宮 大黒様 文部省唱歌。駅所在地の地名が「大国」であることや、大阪七福神の一つである大国主神社に近いことから。
新今宮
(1・4番のりば)
交響曲第9番「新世界より」(第4楽章) チェコの作曲家・A.L.ドヴォルザーク(1841-1904)が手掛けた、よく知られているクラシック曲。通天閣で有名な駅近くの繁華街「新世界」にちなむ。
天王寺
(11〜14番のりば)
あの鐘を鳴らすのはあなた 天王寺区出身で歌手・タレントの和田アキ子(1950-)の曲。除夜の鐘で有名な駅近くの四天王寺にちなむ。メロディーには鐘の音も入っている。
寺田町 Life Goes On 大阪を拠点に活動するヒップホップグループ「韻シスト」の曲。このプロジェクトのために制作された大阪環状線のイメージソング。
桃谷 酒と泪(なみだ)と男と女 府出身の歌手・河島英五の代表曲(1952-2001)。彼がかつて当駅近くでライブハウスを経営していた。
鶴橋 ヨーデル食べ放題 桂雀三郎withまんぷくブラザーズが、焼肉バイキングをテーマに歌った曲。ラジオ放送がきっかけでブレイクした。駅周辺は大阪屈指の焼肉屋激戦区。桂は府出身。
玉造 メリーさんのひつじ アメリカ民謡が原曲の童謡。駅前にある商業施設「ビエラ玉造」の2階の窓枠が、この曲の音階に見立てて配置されている。
森ノ宮 森のくまさん アメリカ民謡が原曲の童謡。駅名の「森」つながりで、広く知られた曲を選定。 14/3/15
大阪城公園 法螺貝 唯一のオリジナル曲。江戸時代の大坂の陣にちなんで、合戦の合図に使われた法螺貝の音とチャイムを組み合わせた。 15/3/22
京橋 ゆかいな牧場(大阪うまいもんの歌) アメリカ民謡「ゆかいな牧場」の替え歌で、曲名どおり大阪グルメを歌った曲。振付きで府内の幼稚園や保育園で広まっている。飲食店・歓楽街がある駅周辺の「うまい」「賑やかさ」をイメージさせる。 14/3/15
桜ノ宮 さくらんぼ 市出身の歌手・大塚愛のヒット曲。駅名や、近くを流れる大川の桜並木にちなむ。 15/3/22
天満 花火 府出身の歌手・aikoのヒット曲。大阪天満宮で夏に開かれる日本三大祭りの一つ、天神祭の奉納花火にちなむ。曲にあわせて、祭り囃子の太鼓と鉦鼓の音が組み合わさっている。
大阪 (上記参照)    

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る
ご当地駅メロディー資料館-イベント企画メロディー へ戻る