ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー
東京メトロ南北線各駅

 音無親水公園 石神井川
音無親水公園として整備された「音無川」(左)
現在の石神井川本流。公園の手前で支流を分岐させ地下に潜る(右)

音無川・水のイメージ
(東京メトロ南北線各駅
 接近・発車)

使用駅 ホーム 使用別 曲名 備考
各駅 赤羽岩淵方面側 接近 (接近メロディーA)[外部]
「接近メロディー 南北線 赤羽岩淵方面接近メロディー」の音声
(リンク先は当サイトとは関係ありません
現在不使用
目黒方面側 (接近メロディーB)[外部]
「接近メロディー 南北線 赤羽岩淵方面接近メロディー」の音声
(リンク先は当サイトとは関係ありません)
現在不使用
赤羽岩淵方面側 発車 (発車メロディーA)[動] 車両に内蔵、
都営三田線などの各駅でも使用
目黒方面側 (発車メロディーB)[動]

 東京メトロ(当時営団地下鉄)南北線では1991年11月29日の赤羽岩淵〜駒込間開業から、電車の接近・発車案内にメロディー(サイン音)を採用した。従来の営団地下鉄路線の発車合図は単なるブザーだっただけに、当時としては画期的な試みだった。メロディーは東京都の音楽制作会社・サウンドプロセスデザインのプロデュースにより、環境音楽作曲家・吉村弘氏(1940-2003)が制作。沿線の王子駅付近を流れる音無川(石神井川)や滝からイメージを膨らませ、接近メロディーは「水滴や波紋」、発車メロディーは「水の動的な流れ」をモチーフにしたという。

 2000年9月26日からの東急目黒線との相互直通運転開始に伴って、現在は目黒線や都営地下鉄三田線、それに2001年3月28日から相互直通運転を行っている埼玉高速鉄道線でも使用されている。なお接近メロディーは、目黒線との直通運転を前にした2000年9月25日に使用を終了した。
 発車メロディーについても、2015年には新たに沿線をイメージしたオリジナルの曲に変更されることとなり、同年3月12日までに順次使用終了した。しかし、南北線を走る車両にはこのメロディーが内蔵されており、運転士の操作次第で車両搭載のスピーカーから従来のメロディーを流すこともあるため、完全に聞く機会が失われたわけではない。また都営三田線などでは依然としてこのメロディーが使われており、本来の意図とは異なったところでメロディーが残っている珍しい例である。

 またどういう経緯かは不明だが、2005年8月に開業したつくばエクスプレスでは、開業前の試運転で乗降促進音(車両搭載のスピーカーから流れるメロディー)にこの発車メロディーが使用されていたのを確認している。

「音無川・水のイメージ」発車メロディー使用状況
路線 使用駅 ホーム 備考
日吉方面側 浦和美園・
西高島平方面側
東急目黒線 日吉〜
目黒
※車両搭載スピーカーを使用
但し日吉、武蔵小山1・4番線、
目黒の日吉方面はベル




白金台 (発車B) (発車A)  
白金高輪 3番線南北線 (発車A)
4番線三田線 (発車B)
1番線三田線 (発車A)
2番線南北線 (発車B)
ホーム毎にメロディーを分けていた
東京メトロ
南北線
麻布十番〜
赤羽岩淵
(発車B) (発車A) 接近は00年9月25日までに使用終了
埼玉
高速鉄道
川口元郷〜
浦和美園
(発車B) (発車A) 01年3月28日開業・使用開始
浦和美園は特定日に限り
別の曲を使用。(こちらを参照)
都営三田線 三田〜
西高島平
00年9月使用開始
メロディー搭載車両
(車両搭載スピーカー
から放送)
進行方向 備考
日吉方面 浦和美園・
西高島平方面
東京メトロ9000系
都営6300形
東急3000系・5080系
埼玉高速2000系
(発車B) (発車A) 基本的には東急目黒線内で使用
現在も南北線内で使われる場合がある
つくばエクスプレス
TX1000系・TX2000系
  開業前の試運転中に使用
現在不使用
※背景灰色の駅は現在使用していない(15年3月12日までに順次使用終了)
注…曲名は簡易的につけたものとした。

ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー へ戻る