ご当地駅メロディー資料館-駅メロをつくる人たち
駅のメロディーってどんな人がつくっているの?

 全国にたくさんあるご当地駅メロディー。既存の曲が見事に十数秒の駅メロとしてアレンジされていたり、その駅や土地をイメージさせるオリジナルメロディーで利用者を楽しませている。これらのメロディー、いったい誰がつくっているのだろうか。
 実は、世の中にはご当地駅メロに限らず、様々な駅メロの制作を仕事にする会社や人物が存在する。しかしこれだけ駅メロが増えたのにもかかわらず、普段世間から注目されることはほとんど無い。そこでここでは、駅メロつくる会社や人物にスポットを当てて、彼らがどんな仕事をしているのかを紹介する。各々で異なる駅メロの特徴やこだわりなどにも注目したい。

 通常の駅メロディーの場合、鉄道会社に音響設備を納入している会社が、自社の商品(音響設備)にメロディーを組み込むために音楽制作会社へ制作を依頼し、更に制作会社が専属の作曲家などに依頼する。中には音響設備会社が自らメロディーを制作していることもある。
 これに対しご当地駅メロの場合、採用を望む地元の自治体や団体、鉄道会社が直接、音楽制作会社や作曲家などに制作を依頼するのが一般的になっている。制作元を大別すると@音楽制作会社、A地元出身といった縁のある作曲家、B自ら制作、C原曲そのまま、の4つがある。

@音楽制作会社
一般の駅メロと同じ、最もポピュラーなパターン。

●スイッチ(公式サイト http://www.switching.co.jp/
 1996年創業、事務所は東京都。代表取締役は小川雄貴氏。全国でも唯一、駅メロ制作をメインの事業としている会社。2013年現在7名の作曲家と契約。JR東日本や東京メトロ・京浜急行電鉄・山陽電鉄などの駅メロを制作しており、その実績からご当地駅メロの制作も数多く受け持っている。

◎塩塚博(しおづか ひろし)氏(公式ブログ http://blog.goo.ne.jp/tetsunomusician
 1956年神奈川県生まれ。1986年、CM音楽制作会社に入社。翌年、作曲家・ギタリストとして独立。CM音楽やBGM制作を中心に活動し、ニッポン放送ではラジオニュースや交通情報ジングルをはじめ多数の番組の音楽を受け持った。郷ひろみ、稲垣潤一、岡本夏生への楽曲提供の実績も持つ。
 1993年、音響設備会社の東洋メディアリンクスからの依頼で発車メロディー「SHシリーズ」を制作。JR東日本の東京駅や中野駅をはじめとした多くの駅で使われている。
 2007年からスイッチの契約作曲家となり駅メロ制作活動の幅を広げ、同年に初めてご当地駅メロ「Vamos Ardija」(JR大宮駅)「KEEP ON RISING」(JR浦和駅)を制作。現在は京浜急行電鉄や東京メトロなどのメロディーも制作し、作品の採用数は300駅に上る。2013年には初の駅メロ関連書籍「駅メロ!THE BEST」を執筆。メディアへの出演も多い。

 塩塚氏のメロディーの特徴として、自身で「ゴージャスオルゴール」と名付けた音色を用いていること。耳障りにならないよう、ハープやチャイム系の音を組み合わせている。音数が少なくシンプルな曲構成であり、これは騒音の多い駅構内で細かな音色をたくさん鳴らしても聞き取れないためという考えから。また「SHシリーズ」では転調(途中で曲のキーを変える)や偽終止(落ち着いたように曲が終わらない)といった音楽テクニックを取り入れることで、曲に緊張感や刺激をつけて乗車を促す効果を持たせている。
○駅メロディー制作実績
・発車メロディー「SHシリーズ」、
 「森の妖精」「ムーンストーン」他(JR東日本各駅)
・東京メトロ丸ノ内線・有楽町線等発車メロディー
・山陽電鉄接近・発車メロディー
・横浜市営地下鉄
 ブルーライン入線メロディー
○ご当地駅メロディー制作実績
・「めだかの学校」(JR三鷹)
・「Vamos Ardija」(JR大宮)
・「KEEP ON RISING」(JR浦和)
・「夏は来ぬ」(JR上越妙高)
・「チューリップ」(JR前橋)
・京急電鉄各駅ご当地入線メロディー
・「さくら」「花」(東京メトロ銀座線)

◎福嶋尚哉(ふくしま なおや)氏
 1963年長野県生まれ。大学在学中にCM音楽制作をはじめる。
 1990年、著作権フリー音楽・効果音の制作販売会社サウンドファクトリーにサウンドクリエイターとして参加。舞台音楽をはじめ、CM音楽やジングルなどを手掛ける。同社で活動中に制作した楽曲がJR東日本の発車メロディーに採用され、品川駅や柏駅などで広く使われている。
 現在はスイッチと契約し発車メロディーの制作を行っており、JR東日本をはじめ東京メトロや西武鉄道などで使われている。

 福嶋氏のメロディーの特徴としては、コンピューターミュージックを駆使し、様々な音色やリズムを組み合わせていること。サウンドクリエイターとしての経験が活きているといえる。なお最近の作品では、鉄琴調の音色を使うことが多い。ご当地駅メロについては、「阿波踊り」(JR南越谷駅)では笛や太鼓の音を取り入れたり、「天城越え」(伊豆急河津駅)では琴の音色や効果音で演歌の雰囲気を再現するなど、原曲のイメージを崩さないアレンジが特徴。
○駅メロディー制作実績
・発車メロディー「SFシリーズ」、
 「旅の予感」「キッズステーション」他(JR東日本各駅)
・「ジュピター」(JR甲府・中之条他)
・東京メトロ丸ノ内線・
 有楽町線・副都心線発車メロディー
○ご当地駅メロディー制作実績
・「ふる里「みなかみ」」(JR後閑・水上)
・「信濃の国」(JR長野)
・「上尾市歌」(JR上尾・北上尾)
・「天城越え」(伊豆急河津)
・「コアラのマーチ」「Fit's」CM曲(西武新狭山)
・「花」「銀座カンカン娘」(東京メトロ銀座線)
・東京メトロ南北線各駅発車メロディー

●櫻井音楽工房(公式サイト http://www.s-music.org/
 1999年創業、事務所は東京都。代表は櫻井隆仁氏。2015年現在13組のアーティストが所属しており、「g.shack records」のブランドで音楽制作や著作権管理業務などを行う。業務内容の一つとして櫻井氏が手掛ける発車メロディーがあるが、最近は新たな作品の発表はない。

◎櫻井隆仁(さくらい たかひと)氏(公式ブログ http://sakuraimusic.hateblo.jp/
 作曲家。沖縄の新民族楽器、四線・六線の演奏家。
 1997年に開業した京都市営地下鉄東西線の発車メロディーを制作。同年、松下電器産業から大手レコード会社・テイチクエンタテインメントを通してJR東日本の発車メロディー制作を依頼され、新宿駅で初めて採用。曲のバリエーションが豊富で、同駅では当時14ホーム全てで異なる曲が使われた。数秒の尺でありながらも様々な音色を用い、それでいて注意喚起の意味合いも盛り込んだ音楽性の高いメロディーは、当時の駅メロ界に新たな風を吹かせた。現在は渋谷、池袋、立川など多くの駅で使われており、首都圏のJRの駅メロではメジャーなシリーズの一つである。
 1999年に櫻井音楽工房を設立し、事業として発車メロディー制作をスタート。2003年に「鉄腕アトム」(JR高田馬場駅・新座駅)を制作。2004年には同氏の作品を収録した「JR東日本駅発車メロディーオリジナル音源集」が発売された。

 櫻井氏のメロディーの特徴は、実用性を考え抜いた作品になっていること。JRで採用されているメロディーはどの曲も4小節、7〜8秒の尺でつくられている。これは実際に駅で電車の停車時間や、乗り降りにかかる時間を測定して導き出された長さ。そして音色は水琴窟(地中に埋めた瓶などに水滴を落として音を発生させる、日本庭園の装飾の一つ)をベースにしたものを用い、曲を終止形(曲の始めと同じ和音で終わること)にすることで人々を落ち着かせ、駆け込み乗車を防ぐことを狙っている。
○駅メロディー制作実績
・「新たな季節」「すすきの高原」「スプリングボックス」他(JR東日本各駅)
・名古屋市営地下鉄名城線・名港線接近メロディー
 (JR発車メロディーと同じ曲)
○ご当地駅メロディー制作実績
・「鉄腕アトム」(JR高田馬場・新座)
・京都市営地下鉄東西線発車メロディー4曲

●音楽館(公式サイト http://www.ongakukan.co.jp/
 1985年創業、本社は東京都。代表は向谷実氏。1995年、家庭用電車運転シミュレーションゲーム「Train Simulator」を開発。クオリティの高い映像や音声が人気を博し同社の主力事業になる。現在ではJR各社や東急電鉄等へ訓練用シミュレーター、鉄道博物館(さいたま市)等へ展示用シミュレーターをも納品するなど実績を上げている。
 音楽制作事業としては、2004年に九州新幹線の発車メロディー・車内チャイムを手掛けたのを機に、京阪電鉄、阪神電鉄、東急電鉄など多くの鉄道会社から制作を依頼されるようになった。

◎向谷実(むかいや みのる)氏(公式ツイッター https://twitter.com/MinoruMukaiya
 1956年東京都生まれ。1977年、フュージョンバンド「カシオペア」にキーボーディストとして加入。1980年代にはフュージョン音楽界の第一線で活躍した。バンドは2006年に活動を休止し、その後脱退。
 一方で、幼少のころから熱狂的な鉄道マニアだったことで知られ、1995年には自身で設立した音楽館で実写の電車運転シミュレーションゲームを開発した。それ故、かねてから自分で発車メロディーをつくることが夢だったという。
 2004年、九州新幹線の運転シミュレーションゲームを手掛けたのが縁で、同線の発車メロディーと車内チャイムを制作。これがきっかけで駅メロ制作に力が入り、JR九州をはじめ阪神電鉄、東急電鉄、京成電鉄などで鉄道関連の音楽を手掛けてきた。京阪電鉄では、各駅の発車メロディーをつなぐと一つの曲になるという斬新な発想を取り入れたことで注目を集めるなど、これまでにない駅メロを生み出している。

 向谷氏のメロディーの特徴として、曲が流れる場面を想定していること。混雑する通勤電車では3拍子の曲でリズムよくドアへ向かってもらうように、新幹線では十数秒の尺を使い旅の始まりを感じさせる曲調にしたり、地下駅や速度を出す区間、上り勾配が待ち構える駅といったシチュエーションも表現している。転調や変拍子(変則的なリズム)を取り入れて乗車を促す効果をつけているほか、独自の考えから、あえて曲を終止させていない。乗車する時に曲が終わっては、これから出かけようとしている人の気分を損ねてしまうからだという。「発車するから早く乗って」ではなく、「発車するからさあ乗ろう」と思わせるメロディーをつくるのが向谷氏のこだわりだ。
○駅メロディー制作実績
・九州新幹線発車メロディー
・阪神電鉄接近・発車メロディー
・東京メトロ東西線発車メロディー
・その他車内チャイムや鉄道関係のBGMなど
○ご当地駅メロディー制作実績
・「おてもやん」「おはら節」アレンジの
 発車メロディー(JR熊本・鹿児島中央)
・京阪電鉄各駅発車メロディー
・ジャズ風接近メロディー(相鉄二俣川・鶴ヶ峰)
・「Departing from New Shibuya Terminal」(東急渋谷)
・「たのしい場所」「きれいな川」(西武練馬高野台・編曲)
・「大きな玉ねぎの下で」「お江戸日本橋」(東京メトロ九段下・日本橋)
・JR小倉・大分・宮崎駅接近・発車メロディー

●エピキュラス(公式サイト http://www.epicurus.co.jp/
 1995年創業、本社は東京都。代表取締役社長は福原光一氏。楽器大手ヤマハの傘下であるヤマハミュージックエンタテインメントのグループ会社。コンサートやイベントの企画・運営をはじめ、音響・音楽制作も行う。音楽制作ではテレビ番組やCM、イベントBGMなど幅広い分野で実績を持つ。わずかながら駅メロディーも手掛ける。

◎鈴木ヤスヨシ(すずき やすよし)氏(公式ブログ http://www.yasuyoshi-suzuki.com/
 1981年埼玉県生まれ。4歳よりピアノと作曲を学び、大学在学中にCM・映像音楽の制作を始める。現在では劇団四季や宝塚歌劇団出身俳優をはじめとするアーティストのコンサートでピアニストを務めるなど、幅広く音楽活動を行う。
 エピキュラス時代の2009年、東急大井町線の通過電車入線メロディーと発車ベルを制作。2012年には東京メトロ銀座線溜池山王駅の発車メロディー(溜池山王をイメージしたオリジナル曲)を手掛けた。2013年から音楽制作会社カプリチオ・ミュージックに所属する。

●サウンドプロセスデザイン(公式サイト http://www.sp-design.co.jp/
 1983年創業、本社は東京都。代表取締役は田中宗隆氏。博物館・美術館といった公共施設や観光・商業施設、交通機関におけるサイン音・BGMの制作を行う。いわゆる環境音楽が得意分野。イベントのプロデュースや映像作品の納入実績もある。鉄道関係では、1991年に手掛けた営団地下鉄(現東京メトロ)南北線の接近・発車メロディー(サイン音)が代表的事例。
○駅メロディー制作実績
・営団地下鉄(現東京メトロ)茅場町駅発車サイン音
・阪急京都線長岡天神駅サイン音
 (古都の落ち着いたたたずまいと竹林をイメージしたオリジナル曲)
・能勢電鉄妙見ケーブル車内音楽
○ご当地駅メロディー制作実績
・営団地下鉄(東京メトロ)南北線接近・発車メロディー(水などをイメージしたオリジナル曲)
 (作曲家・吉村弘氏が制作)
・阪急梅田駅発車メロディー(行先地をイメージしたオリジナル曲)
 (作曲家・鎌田浩宮氏が制作)

●プレストーン(公式サイト http://www.presstone.jp/
 1993年創業。本社は東京都だが、大阪事務所での活動が主。代表は近藤剛氏。CM音楽やイベント・施設のBGM制作をメインに行っている。同社での駅メロディー制作実績はないが、所属クリエイターにかつて駅メロを手掛けた人物がいる。

◎西谷喜久(にしたに よしひさ)
 三重県出身。大阪芸術大学音楽学科入学を機に、音楽活動を本格化。卒業後は音響演出関連会社に入社。1992年にSOUND PLANTを設立。環境音楽やサイン音を得意とし「心地よい音づくり」がモットー。CM音楽では「ぷっちょ」「サラテクト」サウンドロゴなどを手掛けた。
 SOUND PLANT時代の1994年に、JR京都駅・関西空港駅の特急「はるか」用の接近・入線・発車メロディーを、1997年にはJR神戸線の接近・入線メロディー(神戸や海をイメージしたオリジナル曲)を制作した。ほかにも近畿日本鉄道の特急列車の車内チャイムも手掛けている。


●ステップ(公式サイト http://www.stepjapan.jp/
 1993年創業、事務所は大阪府。代表取締役は浜口雅昭氏。CM音楽をメインに、テレビ番組や映画音楽、施設音楽の制作に携わっている。日清食品、日本コカ・コーラ、ソニー、イオンなど大手企業のCMも手掛ける。上記のプレストーンとは業務提携を行っている。
 2014〜15年、大阪らしい選曲センスで話題となったJR大阪環状線全駅の発車メロディーを制作している。


A地元ゆかりの音楽家
ご当地駅メロの採用とともに、制作を地元出身の有名アーティストへ依頼することも多く、話題性がある。

◎タケカワユキヒデ氏(公式サイト http://www.mediatv.ne.jp/musicpro/takekawa/
 1952年埼玉県生まれ。シンガーソングライター。人気バンド「ゴダイゴ」のボーカルとして活躍。2003年、自身で作曲した地元さいたま市の歌「希望(ゆめ)のまち」の発車メロディーのアレンジを担当し、JR大宮駅や浦和駅などで使用。

◎中田ヤスタカ(なかた やすたか)氏(「CAPSULE」公式サイト http://capsule-official.com/
 1980年石川県生まれ。音楽プロデューサー。音楽ユニット「CAPSULE」として活動するほか、きゃりーぱみゅぱみゅやPerfumeといった人気アーティストの楽曲を手掛ける注目の音楽作家。2015年にJR北陸新幹線金沢駅の発車メロディー(金沢や新幹線をイメージしたオリジナル曲)を制作。

◎須藤晃(すどう あきら)氏(公式サイト http://www.karinto.co.jp/
 1952年富山県生まれ。音楽プロデューサー。尾崎豊をはじめ、玉置浩二や浜田省吾など大物歌手の楽曲を手掛けた。2015年にJR北陸新幹線富山駅の発車メロディー(「富山の水とガラス」をテーマにしたオリジナル曲)を制作。

◎伊勢正三(いせ しょうぞう)氏(公式サイト http://www.ise-shozo.com/
 1951年大分県生まれ。シンガーソングライター。フォークグループ「かぐや姫」のメンバーとして、「神田川」「赤ちょうちん」などのヒット曲で活躍。自身で作詞・作曲した「なごり雪」が、2009年から地元津久見市のJR津久見駅で発着メロディーに使われており、メロディーのアレンジ・演奏を夫人とともに担当。

◎笠松泰洋(かさまつ やすひろ)氏(公式ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/synlogue
 1960年福井県生まれ。作曲家。「世界のニナガワ」とも呼ばれる演出家・蜷川幸雄氏の舞台音楽を手掛けている。2004年、えちぜん鉄道福井駅の発車メロディー(沿線をイメージしたオリジナル曲)を制作。


B自ら制作
要望側が演奏を録音して採用したところもある。

◆JR大曲駅「秋田おばこ節」
 地元の大仙市民謡愛好会が演奏したものを録音し採用。

◆JR武蔵小金井駅「さくら」(4番線)
 地元のハンドベルグループ「トライアングル」の演奏を録音し採用。

◆JR豊田駅「たき火」
 音楽が得意な日野市職員が試しに制作したところ、そのまま採用。当初は外部委託するつもりだったため、制作費が浮き経費削減に。

◆JR・万葉線高岡駅・JR新高岡駅「高岡銅器のお鈴」
 地元名産の高岡銅器でつくった「お鈴」で演奏したオリジナル曲。近隣出身の雅楽奏者・太田豊氏が演奏したものを録音し採用。

C原曲そのまま
中にはCD音源などを編集してそのまま使っているところも。

◆JR戸田公園駅「ああ わが戸田市」
 前奏部をそのまま使用。

◆埼玉高速鉄道浦和美園駅「Keep On Rising」
 サビ部をそのまま歌付きで使用。

◆長野電鉄湯田中駅「美わしの志賀高原」
 1曲まるごと歌付きで使用。

◆JR松山駅「春や昔〜ふるさとの春〜」
 カラオケ版の前奏から1番までをそのまま使用。


※会社・人物は順不同で、ご当地駅メロディーに関連するものを掲載。情報は2015年時点。

ご当地駅メロディー資料館トップへ戻る