ご当地駅メロディー資料館-ご当地駅メロディーとは?
そもそも「ご当地駅メロディー」って何?

1.ご当地駅メロディーとは?
  「ご当地駅メロディー」とは、駅で使用されている接近メロディーや発車メロディー(列車到着・接近や発車を音楽で知らせるもの)などに、その駅が所在する地域に関連した曲を使用したものをいう。当サイトで使用している「ご当地駅メロディー(ご当地駅メロ)」という名称は、決まって広く使用されている言葉ではないが、近年では駅で流れるメロディーを総称した「駅メロディー(駅メロ)」という言葉が広まってきたこともあり、メディアでもよく使われるようになった。

2.ご当地駅メロディーのねらい
  ご当地駅メロディーは、駅で列車の接近・発車時に必ず聞くことができる。その駅を列車が通過する場合は別だが、列車が停車する場合、発車時にも車内にいる乗客が聞くことができるため、その地域を曲でアピールすることができる。たとえば誰もが知っている「鉄腕アトム」(使用駅:JR山手線高田馬場駅・JR武蔵野線新座駅)の場合、「ここがアトムの生まれた場所か」と認識してもらえる。「いつでも夢を」(使用駅:JR常磐線大甕〜十王各駅)の場合は、「吉田正(作曲者)は日立出身だったのか」と知ってもらうきっかけとなる。また、全国的にはあまり知られていない「おねぎのマーチ」(使用駅:JR高崎線深谷駅)のように、「乗客が「何だこの曲は?」と疑問に思ってくれるだけでもよい宣伝となる」という考えから採用した曲もある。
  以上のように、「ご当地駅メロディー」はその地域の宣伝効果を期待して使用されていることから、新しい形の「地域のCM」である。実際どのくらいの宣伝効果があるかまでは検証されていないが、利用者の間では「○○駅で○○の曲が流れる」などと話のネタにもなっているようだ。

 「ご当地駅メロディー」の長所と短所を簡単にまとめてみた。
  ◎長所
    ○地域のPRやイベント告知と列車到着・発車合図の2役で一石二鳥
    ○乗客に地域の名物などを知ってもらうきっかけづくり
    ○知っているメロディーなら気持ちも和らぐ
  ◎短所
    ○曲が「駅メロディー」として合わない場合がある(曲調やテンポ、曲の長さなど)
    ○変更に経費がかかる(※1)
    ○乗客の乗降に支障をきたす恐れがある(※2)
  ※1…放送装置の工事費・それに伴う人件費・著作権料など。例として「ああ わが戸田市」(使用駅:JR埼京線北戸田〜戸田公園各駅)変更の際は工事費・曲制作費など計35万円、「おねぎのマーチ」(使用駅:JR高崎線深谷駅)の際は工事費20万円程度と著作権料年間31,500円が市の負担となった。
  ※2…「乗客が聞き入ってしまう」と言う意味なのだろうか。2000年にJR東海道線茅ケ崎駅で、地域ゆかりのバンド「サザンオールスターズ」の曲を発車メロディーにするよう要望した際、JRがこれを理由に取り下げた。(その後2014年10月に変更されている)

3.メロディーの使用期間
  一般的に「ご当地駅メロディー」を含め接近・発車メロディーは半永久的に使用されるが、特別な目的をもって使用している「ご当地駅メロディー」は、使用期間を限定している場合がある。
  「阿波おどりのお囃子」(使用駅:JR中央線高円寺駅)の場合、東京高円寺阿波おどり開催にあわせて毎年8月の1ヶ月間のみ使用された(現在は通年使用)。また、「第三の男」(使用駅:JR山手線など恵比寿駅)の場合、当初2ヶ月の期間限定で使用された。これは好評を得たために、一旦使用を終了したあと再び同曲が使用されている。

4.当サイトでの分類法
  一般的な「ご当地駅メロディー」というと、前述のとおりその駅の所在する地域に関連した曲を指すが、当サイトではこのほかイベントなどに合わせて使用される曲を「イベント企画メロディー」、その地域をイメージして駅メロディー用に制作された曲を「イメージメロディー」と呼称し、「ご当地駅メロディー」に含んで紹介している。

  ○採用理由による分類
    「ご当地メロディー」…その駅の所在する地域にゆかりのある曲。一般的なパターン。
    「イベント企画メロディー」…その駅の所在する地域に直接的には関係のないもので、イベントの一環として使用しているものなど。
    「イメージメロディー」…メロディー使用路線もしくは駅の周辺などの様子をイメージして制作されたオリジナル曲。
  ○使用方法による分類
    「到着予告」…列車が駅に到着する一定時間前に、列車の発車時刻や行先を案内する放送の冒頭に流れるもの。
    「接近」…列車が駅に近づいたことを知らせる合図。列車接近を知らせる放送の冒頭若しくはそれと同時に流れるもの。
    「入線」…列車が駅に入ってきていることを知らせる合図。列車接近を知らせる放送の後(放送が無い場合などは、列車が接近してから)到着まで流れるもの。
    「到着」…列車内の乗客に対し駅に到着したことを知らせる合図。列車が到着した(ドアが開いた)ときに流れる場合が多い。
    「発車」…列車が駅を発車する(ドアが閉まる)ことを知らせる合図。前後に発車を知らせる放送が流れる場合が多い。
    「発着」…列車が駅に近づいてから発車するまで流れ、列車が駅に発着していることを知らせる合図。BGMの要領でも使用される。
  ○使用期間による分類
    特に記述なし…無期限使用
    「季節限定」…特定の季節限定
    「期間限定」…季節に関わらない特定期間限定
    「特定列車」…特定の列車限定
  ※各鉄道会社によってその用途や細かい使い方は異なり、一概に上記により分類できるものではない。

  上記の分類名称は、各駅の紹介ページで使用している。例えばJR高田馬場駅の場合、
  
JR山手線高田馬場駅 発車 期間限定
  と表記されている。これは、JR高田馬場駅では発車メロディーが「ご当地駅メロディー」であり、更に期間限定で使用されていることを意味している。


ご当地駅メロディー資料館トップへ戻る