バスやフェリーで抜け道・近道

宇和島バス松山線、城辺・宿毛線(宇和島〜宿毛)
情報更新日…2018年3月12日
●基本情報
運行会社 宇和島自動車
路線名 松山線、城辺・宿毛線
運行区間 宇和島駅前〜宿毛営業所
所要時間 約1時間50分(※)
運行本数・間隔 10往復/日(一部、休日運休)(※)
運賃・料金(大人片道) 1,800円(※)
主な割引きっぷやサービス 「四万十・宇和海フリーきっぷ」…フリータイプは3日間乗降自由で3,700円。片道タイプは加えて松山〜高知の鉄道片道利用可、4日間有効で4,940円(JRで発売)
主な車内サービス なし
予約の要否 不要
全国交通系ICカードの利用可否 不可
その他 ※所要時間と運行本数、運賃は宇和島駅前〜宿毛駅のもの
公式サイト http://www.uwajima-bus.co.jp/
●5段階評価
項目 5段階評価 コメント
所要時間 ★★★★☆ 終着駅同士をショートカット
運行本数 ★★☆☆☆ 日中少なめ
運賃・料金 ★★★★☆ 鉄道との乗り継ぎなら割引きっぷがお得
車内設備 ★★☆☆☆ 乗車約2時間ながら一般車両
他の交通機関との接続 ★★★☆☆ 鉄道のほか、宇和島で松山行きバスとも乗換可
●運行ルート(概略)
●鉄道駅と接続する主な発着場所とアクセス
主な発着場所 アクセス
宇和島駅前 JR宇和島駅前
宿毛駅 土佐くろしお鉄道宿毛駅前
●乗車の記録
○2015年3月13日(金) 宇和島駅前行き(宿毛駅8:17→宇和島駅前10:08)

 前日に高知から特急「あしずり」と普通列車を乗り継いで宿毛に宿泊し、朝一でこのバスに乗車した。この路線は高知県の宿毛と愛媛県の宇和島を結んでおり、かつては松山から宿毛までが一体的に運行されていた宇和島バスの本線格である。現在は松山〜宇和島(一部城辺)と宇和島〜宿毛の2つに運行系統が分離されているが、同社のサイトを見てみると、この区間が「一般路線バス」ではなく本線格の「松山線」と同等の扱いをされているところに他路線との格の違いを感じる。

 宿毛市の中心部はひと駅隣の東宿毛が近く、宿毛駅周辺は区画整理だけはしっかりされているものの閑散としている。中心部にある宿毛営業所からやって来たバスに先客はおらず、私のほかに1人が乗車したのみであった。宿毛駅を出ると国道に出て北へ。次第に山の奥に入り、10分ほどで「県界」という分かりやすいバス停を通過。ここで愛媛県に入った。

 峠を越え、宿毛から約30分すると愛南町城辺に着く。同社の営業所もあり構内には「城辺駅」の看板が見える。かつて、国鉄と連絡運輸を取扱い自動車駅として営業していたころの名残だろう。夜行バスや町内各地への路線バスが発着し、現在でもこの町の「駅」として機能している。町内には展望タワーや景勝地もあるが、この路線のバス停から歩くのには遠く行きづらい。

 街を抜けると、左側には豊後水道が広がり、遠くには九州の地も見える。この辺りは海岸線が複雑に入り組んでいる「リアス式海岸」である。宇和島市に入ると、浦知という小さな港町を通過。車窓には「真珠」の看板が見えた。この辺りは養殖が盛んらしい。

 同市津島町にある岩松営業所では10人程度が乗車。宇和島市街に近づくにつれ、人の流れができてくる。新しそうなバイパス道路を横目に、バスは国道を北上。宇和島の市街地に入ると市立病院や高校を経由しながら宇和島バスセンターへ到着。ここまでにすべての客が降車してしまい、宇和島駅まで乗っていたのは私だけであった。

 所要時間は1時間50分ほどだが、一般的な路線バス車両での運行なので快適性には欠ける。しかし宿毛側では、中村で高知からの特急と接続する普通列車が2時間に1本、宇和島側では松山からの特急が1時間に1本走り、鉄道側の環境はおおむね良好。鉄道と乗り継ぐなら、JRで発売している「四万十・宇和海フリーきっぷ(片道タイプ)」がおすすめ。特急自由席への乗車と途中下車も可能で、松山〜宇和島〜宿毛〜高知のルートなら通常運賃の半額近くで乗車できてとてもお得。一方、宇和島で乗り換えられる松山への特急バスも捨てがたい。所要時間ではJR特急には劣るが、運賃は普通列車並の安さである。
●補足

●参考写真

宇和島バスの車両

城辺営業所

豊後水道を眺める。遠くに九州も見えた

風情のある小さな港町を通る

南国ムード漂う宇和島駅

鉄道旅コーナーへ戻る