住宅街をそろそろと-総合車両製作所(旧東急車輛製造)専用線

 注意…東急車輛製造株式会社の鉄道車両製造事業は、会社分割及びJR東日本の子会社化により、2012年4月2日から株式会社総合車両製作所(J-TREC)、「横浜製作所」は「横浜事業所」となった。このページの内容は、旧東急車輛製造時代に作成したものです。


 神奈川県横浜市金沢区。京急線金沢文庫駅と金沢八景駅の間の線路沿いに、「東急車輛」と大きく看板を掲げた工場があります。
 そこは東急車輛製造本社・横浜製作所。日本で活躍する鉄道車両を生産している大手鉄道車両メーカーの工場です。

 この工場で製造された車両は、機関車に引かれて発注先へと出荷されます。このとき使われるのが東急車輛製造専用線です。
 正式な路線名ではありませんが、工場敷地内からJR逗子駅までを結ぶ車両搬出入専用の線路です。ただし工場を出たところの金沢八景駅から神武寺駅までの間は、京急逗子線の線路を借りて運行することとなります。レールの幅が標準軌である京急に対して専用線は狭軌なので、この区間はレールが3本並ぶ三線軌条となっています。神武寺駅からは、専用の線路を通りJR逗子駅へ向かいます。


専用線の全図

では、工場前からスタートです。
工場は京急線金沢八景駅から金沢文庫寄りに徒歩10分ほど。
まずは工場から専用線が出てきて京急線と合流。強引に道路を横切っています。
遮断機や警報機の設備はなく、列車の通過時は整理員が出てくるそうです。
金沢八景駅で見た三線軌条。狭軌の線路があるのは逗子線の上り線だけで、逗子方面へ車両出荷時は上り線を逆走状態となります。
ですが専用線の運行は深夜に行なわれるため、京急線の運行には支障はありません。
神武寺駅まで京急線の線路を走行。
専用線は駅手前で京急線と分かれます。
神武寺駅上りホームから。手前が東急車両製造専用線、柵の向こうは廃線となった米軍専用線。昔、弾薬庫があったんだとか。現在は米軍住宅になっています。
神武寺駅から新逗子方面へ歩いていくと踏切があります。
踏切の先は米軍池子住宅。
踏切の金沢八景側。
専用線は門で締切られている。専用線は踏切の遮断機の中に入っていないため、自転車が置かれてしまっています。
反対の新逗子側。
京急線(写真左奥)はこの先でJR横須賀線と交差します。
専用線のこの先はトンネル(写真奥)。線路南側を走る県道を逗子方面へ歩き京急線のガードをくぐると、トンネルの向こう側につきます。
トンネルの反対側にある踏切に到着。遮断機や警報機はありません。トンネルはそれほど長くなく、向こうには先ほどいた踏切もかすかに見えます。
とまっ……。
住宅の合間を走り、線路は逗子駅へ向かって右カーブ。
いよいよ横須賀線と合流です。
横須賀線と並走した先にある山の根踏切。この踏切はJR横須賀線も通過しますが、警報機も遮断機はありません。電留線も渡りますので、左右の安全を確かめましょう。
と思えば横須賀線の通過。
この先がJR逗子駅。ここからはJRの線路を使って全国各地へ新製車両が運ばれます。

訪問日  2005/5/5

特集へ戻る