表へジャンプ
関東1都6県の鉄道の将来-駅名改称一覧

表へジャンプ
獨協大学前駅
「大学のある街」へのイメージ転換に向け第一歩を踏み出した獨協大学前(旧・松原団地)駅

 ここでは関東の駅で予定または計画されている駅名改称を紹介します。
 駅は「町の顔」。それだけに最近は駅名を観光資源・歴史ある地名などを考慮しかなりこだわって決めたり、駅名を巡って自治体や住民間で争いが起こることも珍しくありません。しかしいざ変えようとしても多額の費用に足踏みをするところも。ちなみにJRの駅の名前を変えるには、全国の機器改修や運賃表の交換などで何億と費用がかかります。

掲載の方法
・掲載は改称予定年順、各社混合です。
・改称後の駅名が決定しているものについては太字(よみがな)で、未決定で仮称や要望されている名称がある場合は細字で掲載しています。

過去3年で改称した駅
改称日 路線名 旧駅名 新駅名 備考
2017年
4月1日
東武スカイツリーライン 松原団地 獨協大学前
(どっきょうだいがくまえ)
副駅名は「草加松原(そうかまつばら)」。地元からの要望。かつては「東洋最大のマンモス団地」と呼ばれた街だが、老朽化で団地の建替えや市街地整備が進んでいることから、大学の街としてのイメージアップを図るとともに、国指定名勝の観光PRを狙う。費用約3億円は大学が負担。
今後改称予定の駅
改称
予定日
路線名 現駅名 新駅名
や候補
備考
2017年以降 JR常磐線 佐貫 龍ケ崎市
(りゅうがさきし)
所在地が分かりにくく、市民や周辺企業から変更を望む声があった。市の知名度アップと活性化を目指す。2017年の消費税率変更の時期とあわせることで、当初約6億円だった費用を半分近くに抑えられる見込みだったが、増税先送り決定を受けて駅名改称も延期されることとなった。
2020年3月末頃   東京モノレール 羽田空港国際線ビル   羽田空港の国際線発着回数拡大に向けたリニューアルに伴い、駅名変更を検討すると報じられている。第2ターミナルを国際線に対応させ、現在の国際線ターミナルの名称が第3ターミナルに変更される。
京急空港線 羽田空港国際線ターミナル  
京急空港線 羽田空港国内線ターミナル  
未定
(要望・計画中を含む)
JR中央線 東小金井 小金井公園
都立公園
「小金井の東じゃつまらない」と変更を検討。最近の調査では、賛成4割・反対3割。複数の駅でいっぺんに変更すれば費用節減になると、周辺の自治体に声をかけ、昭島市と国分寺市とで協議会を設置した。
JR中央線 西国分寺   平凡な駅名よりも地域資源や地名を意識した駅名にしようと地元商店街や市議会で話し合いが行われている。駅開業時には「武蔵国分寺」にと要望したが当時の国鉄と話が合わず。
JR青梅線 西立川 昭和記念公園 地元商店街が中心となって要望し、地域活性化を狙う。公園開園当時にも話はあったらしいが、多額の費用から挫折した。
JR青梅線 東中神   多摩3市の駅名改称協議会で対象の1駅とされている。
京王京王線 武蔵野台    駅名と地名が合致しておらず、周辺地域を意識した地名にと要望がある。
京王京王線 多磨霊園   新駅舎完成などもあり要望があがる。多磨霊園にはそれほど近くなく、実態に合った駅名に。
JR相模線
小田急小田原線
厚木    海老名市内にあるのにもかかわらず「厚木」と名乗り、間違えて降りる人もいるといい、以前から再三駅名の変更を話し合ってきたが、費用の面などからなかなか実現しない。
JR東北本線 蓮田
(「蓮」は二点しんにゅう)
蓮田 「蓮」の字について、市が二点しんにゅうを使用してきたが、パソコンで変換できなかったり、一点しんにゅうと混合使用されていることから一点に統一を決定。駅名も変更を要望しており、11年1月に市名は変更されたが、駅名変更は費用が大きすぎるため見送られることに。
JR内房線 五井 市原 「どこが市の中心かわからない」「県外にアピールできない」などの理由から、40年以上にわたって議論しているが、始まっては消えの繰り返し。最近の市民調査では、6割以上が「変更しなくてよい」と回答。
京急大師線 産業道路 大師河原 現在工事中の駅地下化を機に、イメージのよい駅名に変えてほしいと要望があがる。
京成本線 京成中山 中山法華経寺 地元商店街から声があり市川市としても要望を行うも、システム改修・他社との連携、京成としても変更に抵抗があることなどを理由に実現していない。
京成本線 谷津 谷津干潟公園
谷津バラ園
地域振興の一環として要望。同駅は過去4度にわたって駅名が変更されており、戦後は「谷津遊園」だったが同園閉鎖で84年現駅名に。

トップへ戻る