表へジャンプ本文へジャンプ
関東1都6県の鉄道の将来-新路線一覧

表へジャンプ
上野東京ライン
15年3月に開業したJR上野東京ライン
宇都宮・高崎・常磐線が東京まで乗り入れ、東海道線と直通運転を行う

 ここでは、現在建設または計画されている関東の新鉄道路線(既存路線延伸を含む)を紹介します。

 現在の日本、特に都市部では鉄道はなくてはならない公共交通機関となっており、その発展率は世界トップレベルです。新路線の計画や構想は各地で数多くありますが、ここではある程度具体化されているものを掲載しています。

掲載の方法
・掲載は開業予定年順、各社混合です。
・開業予定日の()内は鉄道会社側の発表ではなく要望側の目標(希望)開業予定です。つまり、建設が決まっているわけではありません。
・路線名称が決定しているものについては太字(よみがな)で、未決定で仮称等がある場合は細字で表示してあります。
・運行事業者は路線名の上に細字で記載しています。
・路線名は一般的に案内に使われるものを掲載します。正式名称が異なる場合は備考に記載しています。

過去3年で開業した新路線
開業日 運行事業者
路線名
区間
()内は駅所在地
備考
2015年
3月14日
東日本旅客鉄道
上野東京ライン(愛称)
(うえのとうきょうらいん)
上野(東京都台東区)〜東京(同千代田区) 正式名は「東北本線」(線路の増設)。宇都宮・高崎線は東京を越えて東海道線と直通運転を行い、常磐線(特急含む)も品川まで乗り入れる。並行する山手・京浜東北線の混雑緩和や所要時間短縮を狙う。秋葉原〜神田は新幹線上に高架線を新設。
今後開業予定の新路線
開業
予定日
事業者
路線名
区間
()内は駅所在地
または予定地
備考
2018年度 横浜シーサイドライン
金沢シーサイドライン
金沢八景(仮駅・横浜市金沢区)〜金沢八景(同) シーサイドラインの延伸。現在同駅は京急線の駅舎から離れた仮設駅舎で営業中。再開発にあわせ京急線を橋上駅舎化しシーサイドラインを乗入れさせる。2018年度に単線で暫定開業、2019年度に複線化し本開業の計画。
2019年
下期
相模鉄道
相鉄・JR直通線
西谷(横浜市保土ヶ谷区)〜羽沢(仮称・同神奈川区) 相鉄史上最大の賭けとなる都心直通計画。相鉄海老名・湘南台〜西谷〜羽沢〜東海道貨物・横須賀線〜JR新宿方面のルートで相互直通運転。二俣川〜新宿は現行より15分短縮の44分で結ばれる想定。
運行本数は朝ラッシュ4本/時、他2〜3本/時程度を予定。工事の遅れにより度々開業時期が延期されている。
2021年度 宇都宮ライトレール JR宇都宮駅東口(仮称・栃木県宇都宮市)〜本田技研北門(仮称・同芳賀町) ※LRT導入計画一覧を参照
2022年
下期
相模鉄道・東京急行電鉄
相鉄・東急直通線
羽沢(仮称・横浜市神奈川区)〜新横浜(仮称・同港北区)〜日吉(同) 相鉄2つ目の都心直通ルートで、相鉄・JR直通線(2段上)を活用し相鉄海老名・湘南台〜西谷〜羽沢〜東急日吉〜渋谷・目黒方面(メトロ副都心・南北・都営三田線)のルートで相互直通運転。新横浜を経由し新幹線アクセスも向上。
運行本数は目黒線直通メインに朝ラッシュ10〜14本/時、他4〜6本/時程度を予定。工事の遅れにより度々開業時期が延期されている。
(2024年度) ひたちなか海浜鉄道
湊線
阿字ヶ浦(茨城県ひたちなか市)〜ひたち海浜公園西口(付近・同) ひたち海浜公園へのアクセスや観光振興が主な目的。途中駅も設け沿線利用者の利便にも配慮。一時期は存続すら危ぶまれたローカル線の壮大な再生計画として注目が集まる。
2027年 東海旅客鉄道
中央新幹線
品川(東京都港区)〜名古屋(愛知県名古屋市) 東海道新幹線のバイパス路線として磁気浮上式リニアモーターカーを使用した超高速運転。東京から山梨・長野など内陸を通り、45年には大阪まで開業予定。ルートの8割超はトンネルとなる。
名古屋開業時のダイヤは5本/時でうち4本は途中駅ノンストップ、東名間は最速40分を想定。
2020年代半ば 東日本旅客鉄道
羽田空港アクセス線
田町(付近・東京都港区)〜羽田空港(同大田区)

大井町(同品川区)・
東京テレポート(同江東区)〜東京貨物ターミナル(同品川区)
近年高まる羽田空港アクセス需要への対応。休止中の東海道貨物線を整備し、空港付近はトンネルを建設する。東京貨物ターミナル付近から2方向にりんかい線への連絡線を設け、新宿・新木場方面への直通も行う。
未定 都心直結線
(都心-空港・郊外直結鉄道・都営浅草線バイパス線)
泉岳寺(東京都港区)〜押上(同墨田区) 羽田・成田間を鉄道で1時間で結ぶため、ネックとなっている都営浅草線にバイパス線を建設する国の構想。東京五輪開催も相まって機運が高まり、早ければ20年代半ばの開業目指す。京急と京成成田スカイアクセスへ直通。途中駅は東京地下新駅のみで、大深度地下利用し高速走行を可能とする。
東京モノレール モノレール浜松町(東京都港区)〜東京(同千代田区) 新幹線への接続などで利便性向上を狙うため構想されている。浜松町の複線化改良行うと共に、京浜東北線上を通りJR東京駅南側まで延伸。途中駅は設けず、工期は10年を想定。
川崎市交通局
川崎縦貫高速鉄道
新百合ヶ丘(川崎市麻生区)〜武蔵小杉(同中原区)
(〜川崎(同川崎区))
いわゆる川崎市営地下鉄。宮前平・等々力緑地等を経る。小田急多摩線と相互直通運転を行う計画。第2期区間(武蔵小杉-川崎)はルート未定、京急大師線と直通運転も。13年に事業予算が凍結され、長期の構想として位置付けた。
相模鉄道
いずみ野線
湘南台(神奈川県藤沢市)〜慶応大湘南藤沢キャンパス(同)
(〜ツインシティ(同寒川町))
いずみ野線の延伸。当初平塚への延伸を目論んでいたが、寒川町の東海道新幹線新駅と周辺の開発計画(ツインシティ)が持ち上がると新駅方面への経路変更案が浮上。第一段階として慶大キャンパスまでの延伸を検討している。
京成電鉄
千原線
ちはら台(千葉県市原市)〜海士有木(同) 千原線の延伸。前身の千葉急行から引継ぎ。千原線利用客の少なさから着工できず。「せめて市原辰巳台まで」という運動もあり。
埼玉高速鉄道線延伸 浦和美園(さいたま市緑区)〜岩槻(同岩槻区)
(〜蓮田(埼玉県蓮田市))
埼玉高速鉄道線の延伸。現在は岩槻までの部分延伸を第一段階とし、さいたま市は15年までに着工したいとしている。
碓氷峠交流記念財団 横川(群馬県安中市)〜
軽井沢(長野県軽井沢町)
長野新幹線開通により廃線となったJR信越本線の線路を再整備する碓氷峠の復活計画。現在「碓氷峠鉄道文化むら」の園内遊具として運行されているトロッコを延伸して使用する観光向け営業。しかし安中市が安全性や費用面を懸念し開業は先送り状態。現在は「とうげのゆ駅」〜熊ノ平までの延伸を検討中。

トップへ戻る