ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR湯沢駅

湯沢駅
湯沢駅。2015年に新駅舎が完成した
秋田県雄勝地域の曲
(JR奥羽本線湯沢駅 入線)

 秋田県湯沢市のJR湯沢駅では、2018年11月23日から地域にちなんだ曲が入線メロディーに使用されている。JR東日本秋田支社が導入を進める「おもてなしメロディー」のひとつで当駅は6駅目。
 同社と県、市町村などは、2018年9月から11月にかけて共同で「秋田県秋の大型観光キャンペーン」を展開してきた。「おもてなしメロディー」は、キャンペーン終了後も雄勝地域(湯沢市、羽後町、東成瀬村)の魅力向上を図ることを目的に、湯沢駅及びドイツの街並みを再現したジークブルガー通り(中央通り商店街)でのイルミネーションイベント「ゆざわ光のフュージョン」の開催にあわせて導入した。曲は定期的に変更していく予定で、雄勝地域の拠点駅という位置づけから、同地域にちなんだ楽曲から選定するという。2020年2月現在、下記の2曲どちらかが流れる。


ホーム 曲名 備考 使用期間
すべて 湯沢市民歌
(オルゴール曲)
[動]
湯沢市の歌。
4市町村の合併を受け、2007年に制定。
2018年11月23日〜
西馬音内盆踊り幻想[動] 羽後町で700年以上続く伝統行事「西馬音内(にしもない)盆踊り」のお囃子。音源は盆踊り愛好会「北の盆」代表でアマチュアミュージシャンの矢野栄太郎氏が、シンセサイザーで現代風にアレンジしたもの。 2019年5月中旬頃〜

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る