ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー
JR与野本町駅

与野本町駅前の芸術作品 与野本町駅前の芸術作品
芸術劇場にちなんで「芸術の街」を謳う与野本町駅周辺。駅前には様々なアートが並ぶ
さいたまトリエンナーレ2016
(JR埼京線与野本町駅 発車 期間限定)
ホーム 曲名 備考
1番線(上り) ロミオとジュリエット(愛のテーマ)[動] 現在不使用
2番線(下り) ロミオとジュリエット(愛のテーマ)[動] 現在不使用
 
 埼玉県さいたま市では2016年9月24日から12月11日まで、街中の様々な場所を会場にした芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」が開催された。このイベント期間中、JR東日本大宮支社では会場の一つである「彩の国さいたま芸術劇場」に近い与野本町駅でイベント宣伝のための演出を行い、この一環として発車メロディーを「ロミオとジュリエット」の楽曲に変更した。
 「ロミオとジュリエット」は劇作家ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)が執筆した恋愛悲劇。今回採用された曲は、1968年にイギリスとイタリアの合作で公開された同名映画のテーマ曲であり、映画音楽の名作としても知られている。劇場では1998年から「彩の国シェイクスピア・シリーズ」が上演されており、同作はこの第1弾だった。メロディーの制作は音楽家・カタカナユウキ氏。

ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー へ戻る