ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
四日市あすなろう鉄道内部駅

 四日市あすなろう鉄道の車両 内部駅
四日市あすなろう鉄道の車両(左) 内部駅(右)
内部のご当地ソング
(四日市あすなろう鉄道内部線内部駅)〈参考〉

 三重県四日市市の四日市あすなろう鉄道・内部(うつべ)駅では、2017年3月4日から電車の発着にあわせてご当地ソングを流している。
 流れるのは「うつべ音頭」と「はばたけ!うつべ」の2曲。地域活性化に取り組む内部地区まちづくり推進協議会の依頼により、内部在住のシンガーソングライター・山口亮が制作した。内部の風景を歌詞に織り込んでおり、イベントや祭りなどの場で歌われている。「地元の鉄道を盛り上げたい」と協議会メンバーが駅での放送を発案。設備費用約30万円は市の予算で賄った。電車の到着・発車時刻約10分前に、いずれかの曲が駅舎内で流れる。
 四日市あすなろう鉄道は、「ナローゲージ」と呼ばれる狭い線路幅の規格でつくられた全国でも珍しい路線。2015年に近畿日本鉄道(近鉄)から経営を引き継ぎ発足した。大切な地域の足を守りたいという市民の想いが実現した形だ。
(参考:2017年3月17日中日新聞三重版)

ホーム 曲名 備考
(駅舎内) うつべ音頭[動] 到着・発車時刻約10分前にいずれかが流れる
はばたけ!うつべ[動]

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る