ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
京王電鉄つつじヶ丘駅

常楽院境内 「思い出のアルバム」歌碑
駅から徒歩5分のところにある常楽院。境内には「思い出のアルバム」の歌碑が建てられている
思い出のアルバム
(京王線つつじヶ丘駅 接近)

ホーム 曲名 備考
1・2番線(下り) 思い出のアルバム[動](最後) 通過・回送列車を除く
3・4番線(上り) 思い出のアルバム[動](冒頭)

 幼稚園では定番の卒園ソング。2017年10月2日から、東京都調布市の京王線つつじヶ丘駅で接近メロディーに使用されている。
 この曲は同駅近くにある常楽院の第52世住職・本多慈祐(1905-1966)が作曲した。本多は住職の傍ら、常楽院が経営していた神代幼稚園の園長も務めたほか、「本多鉄麿」の名で作曲家として音楽活動にも取り組み、子供たちのために多くの曲を残した。2006年には、親子で長く歌い継いでほしい「日本の歌100選」にも選ばれた。
 メロディーの制作と演奏は、市内にある桐朋学園大学音楽学部非常勤講師で、作曲家の鷹羽弘晃氏(1979-)。NHK全国音楽コンクールの課題曲になったアンジェラ・アキの「手紙」や、いきものがかりの「YELL」の合唱版編曲で知られる。2012年に同線調布駅の接近メロディーに採用された、いきものがかりの「ありがとう」の演奏も担当している。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る