ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR津久見駅

津久見駅 「なごり雪」記念碑
津久見駅のホーム(左) 駅北口にある「なごり雪」の記念碑右)
なごり雪
(JR日豊本線津久見駅 入線)

ホーム 使用別 曲名 備考 使用期間
すべて 発着 なごり雪[動] ハ長調(2002年のセルフカバー版のキー) 2009〜15年頃
入線 なごり雪[動] ニ長調(1974年のオリジナルのキー) 2014年頃〜

 大分県津久見市のJR津久見駅では2009年10月24日から、フォークグループ「かぐや姫」が歌った「なごり雪」が発着メロディーに使われている。
 津久見は作詞・作曲をしたメンバーの伊勢正三氏(1951-)の出身地。曲中では東京の駅が舞台となっているが、伊勢氏によると津久見駅をモチーフにしたのだという。これを知った当時の駅長が「なごり雪の駅をアピールしたい」と発案。音源は伊勢氏と伊勢夫人にシンセサイザーで制作・演奏してもらった。現在では1975年にヒットした歌手・イルカのカバー版がよく知られているが、ここで流れるのは「かぐや姫」オリジナル版だ。
 当初は特急列車の到着前から発車後にかけてのみ流れていた(駅社員の判断により普通列車でも流れる場合があった)。現在はキーが原曲と同じニ長調に変えられ、全列車で到着の数分前に流れる(朝夜を除く)。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る