ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR豊田駅

垣根の垣根の曲がり角 「たきび」の曲発祥地を示す看板
詩のモデルになったとされる垣根があった屋敷が東京都中野区に残る。新井薬師前駅から南東に徒歩5分(左)
屋敷横に、曲の発祥地であることを示す看板(写真左)が建つ(右)

たき火
(JR中央線豊田駅 発車)
ホーム 曲名
1・2番線(下り) たき火[動]
3・4番線(上り) たき火[動]
 
 作詞家・巽聖歌(たつみ せいか・1905-1973)が終戦後からこの世を去るまでの間、東京都の日野市旭ヶ丘で過ごしていたということに由来し、彼の代表曲である童謡「たき火」が2010年1月23日からJR豊田駅の発車メロディーに使用されている。市民らの提案をきっかけに実現した。
 メロディーの制作と演奏は当時、日野市職員だった関田和男氏。当初制作費等で150万円を市が予算として計上していたが、「イメージ作りのため試しに」と音楽が得意な関田氏に作ってもらったものがJRに好印象だったようで、それをそのまま採用することになった。結果、思わぬところで経費削減に一役買ったという。そのため下りホームのバージョンのはじめでミスをしているのはご愛嬌。
 2015年9月下旬には、メロディーのバージョンが上下ホームで入れ替わっている。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る