ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR岩間駅・友部駅
笠間駅
「九ちゃんの家」入口 「九ちゃんの家」正面
彼が疎開中住んでいた家が市内に今も残る。幼少期のここでの思い出が、のちの名曲につながったという。
「九ちゃんの家」はJR笠間駅から徒歩30分

坂本九メロディー
(JR常磐線岩間駅・友部駅・水戸線笠間駅 発車)

路線 使用駅 ホーム・曲名 使用開始日
上り 上野・小山方面  下り 水戸方面
水戸線 笠間 2・3番線 レットキス(ジェンカ)[動] 1番線 幸せなら手をたたこう[動]  2014/4/29〜
常磐線 岩間 2番線 1番線 2012/7/24〜
友部 1番線 上を向いて歩こう[動] 2番線 明日があるさ[動] 2007/3/4〜
常磐
水戸
3〜5番線 幸せなら手をたたこう[動]

 数々の名曲を送り出しながらも、1985年の日航ジャンボ墜落事故に巻き込まれ亡くなった昭和を代表するソロシンガー・坂本九(1941-1985)。彼が戦時中、茨城県笠間市に疎開していたことにちなみ、市内のJR友部駅では新駅舎完成にあわせて2007年3月4日から発車メロディーに代表曲が使用されている。
 「上を向いて歩こう」は彼の代名詞とも言える曲で、当時の人でなくても広く知られている。「明日があるさ」は1961年から放送された彼が主演のテレビドラマの主題歌。2000年には日本コカ・コーラの缶コーヒー「GEORGIA」のCMソングに、ウルフルズのカヴァーバージョンが起用されてリバイバルヒットした。「幸せなら手をたたこう」はスペイン民謡が原曲で、木村利人による作詞のものを坂本九が歌った。今では童謡としても親しまれている。
 
 2012年7月24日からは、同じく市内にある岩間駅で新駅舎が完成したのにあわせ、発車メロディーを坂本九が歌う曲に変更した。1番線は友部駅と同じ「幸せなら手をたたこう」のアレンジ違い、2番線は「レットキス(ジェンカ)」。「レットキス」は、名前は聞いたことはなくてもフォークダンスの一つ「ジェンカ」のメロディーとして知られている。原曲はフィンランド民謡で、1966年にこの曲をカバーした。
 2013年現在、市では市内の水戸線4駅についてもメロディーの変更を検討している。2014年4月29日からは、水戸線笠間駅でも岩間駅と同じメロディーが使われている。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る