ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR徳山駅

徳山駅 自由通路の動物のイラスト
新しくなった徳山駅。自由通路には「ぞうさんのさんぽみち」の愛称がついた(左)
市内には動物園もあることから、所々にゾウなど動物のイラストがデザインされている(右)

まど・みちお作詞
(JR山陽本線・岩徳線徳山駅 到着)

ホーム 曲名
1番のりば ぞうさん[動]
3・4番のりば 一年生になったら[動]

 詩人、まど・みちお(1909-2014)は山口県徳山町(現・周南市)の出身。同市では2009年に彼の生誕100周年にあわせ記念事業を行った。その過程で、彼が作詞した童謡をJR徳山駅で列車発着時の放送に流せないかという案が出た。その後の協議の末、2014年9月6日の新駅舎開業にあわせて「一年生になったら」と「ぞうさん」の2曲が到着メロディーに使われている。
 通常の入線メロディーが流れ、列車が停車しドアが開いた後に放送される珍しい形態で、乗車・降車両方の利用者に聞こえるようになっている。市は音源製作費として54万円を予算計上し、メロディーは周南市文化振興財団が制作した。なお、彼はこの年の2月に104歳で亡くなっている。

 3・4番のりばの「一年生になったら」は、子供の「小学校が楽しみな気持ち」を素直にあらわした、幼稚園や小学校では定番の曲。1番のりばの「ぞうさん」は、彼によれば、「鼻が長い」と悪口を言われた小象が「自分の大好きな母さんだって長いんだ」と誇りに持って答え、象が象として生かされていることを喜んでいる歌だといい、皆と何かが違うからといっていじめや差別をすることへの反対の意を暗に表しているという。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る