ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
西武鉄道所沢駅

八国山緑地 トトロとネコバスのモニュメント
都県境にまたがる八国山緑地。作中ではこれをもじった「七国山」の名が出てくる(左)
発車メロディー化にあわせて駅東口に建てられたモニュメント(右)

となりのトトロ
(西武新宿線・池袋線所沢駅 発車)

 埼玉県所沢市の西武鉄道所沢駅では、2020年11月3日から「となりのトトロ」の楽曲が発車メロディーに使われている。

 「となりのトトロ」は1988年に公開されたスタジオジブリ制作のアニメ映画で、同社の看板作品として幅広い世代に知られている。監督を務めた宮崎駿氏は1960年代から市内に住んでおり、所沢での生活が映画を作る大きなきっかけになったと述べている。物語の舞台には所沢の原風景のイメージが反映されているといい、実在する市内の地名も登場することから、今日では所沢が「トトロの舞台」として広く認知されている。

 緑豊かな所沢の魅力をPRすることを目的に、市制施行70周年記念事業の一環として市が企画。変更費用122万円は市が支出。メロディーは株式会社スイッチが制作し、福嶋尚哉氏がアレンジした。2年間の契約だが、以降も1年ごとに更新していく予定。

 市によると、スタジオジブリの許諾を受けた駅メロは全国で初めてだという(※注)。2005年頃には同社がある東京都小金井市でも立案されたが、著作権関係が理由で実現しなかった。

※注…かつて鯖江駅(福井県)では、マリンバの産地にちなんで「さんぽ」「となりのトトロ」をマリンバで演奏したものが使われていた。また聖蹟桜ヶ丘駅(東京都)では『耳をすませば』の主題歌「カントリー・ロード」が使われているが、既存曲のため許諾には該当しなかったとみられる。

ホーム 曲名
1番ホーム(新宿線下り) さんぽ verB[動]
2番ホーム(新宿線上り) さんぽ verA[動]
3番ホーム(池袋線上り) となりのトトロ verB[動]
4番ホーム(池袋線下り) となりのトトロ verA[動]
5番ホーム(池袋線下り) となりのトトロ verC[動]

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る