ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー
東武鉄道川越駅・川越市駅

川越の街並み 川越駅前の様子
「小江戸」川越の街並み(左) 川越駅前の様子(右)
”歴史と彩り””ふるさと”川越
(東武東上線川越駅・川越市駅 発車)

 東武鉄道では2019年3月16日のダイヤ改正にあわせて、東上線川越駅及び川越市駅(共に埼玉県川越市)の発車メロディーを変更した。
 近年、競合他社に負けじと小江戸・川越の観光PRに力を入れている同社。「川越に彩りを加える」のテーマのもと、ダイヤ改正では池袋〜川越間を最速26分で結ぶ料金不要の「川越特急」を新設。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で外国人観光客が増加することも視野に入れ、利便性の向上を図った。発車メロディーの導入もこのPR施策の一環であり、「川越といえば東上線」のイメージ定着を狙ったものである。
 メロディーの制作は同市出身の音楽プロデューサー・菅野祐悟氏。同氏はこれまで、映画「アマルフィ 女神の報酬」「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」や、NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」などの、映画・ドラマ・アニメ音楽を手掛けてきた。メロディーの制作にあたっては、幼少期に過ごした地元に思いを馳せ、川越駅は観光客に歴史香る川越のイメージを伝える「歴史と彩り」を、川越市駅は地元利用客に応援のメッセージを届けようと「ふるさと」をコンセプトにしたという。これと同時に、川越特急では同氏が制作した「故郷・川越への思い」を表現した車内チャイムが採用され、川越観光に関する車内放送も実施されている。


使用駅 ホーム 曲名 曲のイメージ
川越 1番線(上り) 各発車メロディー[動] 人の優しさ・小江戸感
2番線(下り) 旅の楽しみ・期待感
川越市 1番線(下り) ふるさとへの思い(おかえり)
2番線(下り)
3番線(上り) 出かける人を応援
4番線(上り)

ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー へ戻る