ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR田沢湖駅・角館駅

田沢湖 角館の武家屋敷通り
日本一の水深を誇る田沢湖。豪雪地帯としても知られるこの地で「生保内節」は生まれた(左)
角館の武家屋敷通りは昔ながらの街並みが今に残されている(右)

生保内節・飾山囃子
(JR秋田新幹線
田沢湖駅・角館駅 到着)

使用駅・ホーム 曲名
田沢湖 1番線 生保内節[動]
2・3番線 生保内節[動]
角館 1番線 飾山囃子[動]
2・3番線 飾山囃子[動]

 JR東日本秋田支社では田沢湖線の全線開通50周年を記念して、2016年10月20日から田沢湖駅と角館駅で列車到着時に「おもてなしメロディー」と題した音楽を流している。これは同線沿線の魅力向上を進めるとともに、観光客におもてなしの気持ちを伝えようと実施しているもの。それぞれの地域にちなんだ曲を採用し、駅に下車した客を迎えている。
 田沢湖駅の「生保内(おぼない)節」は、現在の秋田県仙北市田沢湖生保内で生まれた、秋田県の代表的な民謡の一つ。夏祭りの踊りや酒盛り唄として親しまれ、毎年9月には田沢湖で全国大会も開かれている。
 角館駅の「飾山(おやま)囃子」は、毎年9月に同市角館地区で開かれる「角館のお祭り」で演奏されるまつり囃子。曳山同士が鉢合わせになった際、どちらが道を譲るか曳山をぶつけ合って勝負する「山ぶつけ」が祭りの見もので、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る