ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
阪急電鉄宝塚駅

阪急電車と宝塚大劇場 手塚治虫記念館
(左)劇団の本拠・宝塚大劇場。宝塚100周年を記念したラッピング電車も運行された
(右)市内にある手塚治虫記念館
宝塚歌劇団・鉄腕アトム
(阪急宝塚本線・今津線宝塚駅 発車)

ホーム 曲名 備考
1〜3号線(今津線) 鉄腕アトム[動] 現在不使用
鉄腕アトム[動]  
3・4号線(宝塚本線) すみれの花咲く頃[動]  
  
 兵庫県宝塚市を本拠地とし日本を代表する劇団の一つ「宝塚歌劇団」が1914年の初公演から100周年を迎えたのを記念して、劇団を運営する阪急電鉄は2014年3月21日から宝塚駅の発車音を宝塚にちなんだメロディーに変更した。この日は100周年記念公演の初日であり、あわせて記念ラッピング電車の運行も始まった。

 宝塚本線の「すみれの花咲く頃」は、劇団の代名詞とも言える代表曲。劇団の演出家・白井鐵造(1900-1983)が訳詞し、1930年に上演された「パリゼット」の主題歌で初めて使用された。
 今津線の「鉄腕アトム」は、1963年から放送されたテレビアニメ「鉄腕アトム」の主題歌。原作者である漫画家・手塚治虫(1928-1989)は幼少期から現在の宝塚市に住んでいた。当時は母に連れられ宝塚歌劇を見に行っていたといい、自身の作品である「リボンの騎士」はこの世界観の影響を強く受けたとされている。現在市内には「手塚治虫記念館」もあり、市や劇団との関係が深いことから採用された。

 3号線は時間帯で発着する路線が異なるが、宝塚本線の時は「すみれの花咲く頃」、今津線の時は「鉄腕アトム」が流れ区別されている。また2014年9月下旬ごろに、「鉄腕アトム」のみ従来とアレンジが少し異なるものに変更された。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る