ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR高萩駅

高萩駅 長久保赤水像
高萩駅舎(左) 西口にある「長久保赤水像」(右)
あしたの風とひとつになって
(JR常磐線高萩駅 発車)
ホーム 曲名 備考
1・2番線 あしたの風とひとつになって[動] 下りのみ
あしたの風とひとつになって[動] 上りのみ
 
 現在の茨城県高萩市出身で江戸時代の地理学者・長久保赤水(1717-1801)は1779年、日本で初めて経緯線が入った日本地図「改正日本輿地(よち)路程全図」をつくった人物である。およそ40年後にはより正確な伊能忠敬(1745-1818)の地図が出版されたが、忠敬の地図は幕府が重要機密としていたため、明治初めまではこの赤水の地図が一般に広く使われていたという。
 高萩市はこの地元出身の偉人の功績を伝えようと、2012年11月にJR高萩駅前に赤水の銅像を建立した。これにあわせて、赤水の讃歌として制作された曲が「あしたの風とひとつになって」。歌詞は一般公募により選ばれ、作曲は同市出身で赤水の遠縁にあたる音楽家・長久保徹氏と元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のトロンボーン奏者、カール・ヤイトラー氏。「市民が夢と希望を持ち赤水のように努力すれば、やがて必ず素晴らしい人生が待っている」というメッセージが込められている。今回同市の要望で、駅に愛着や馴染みを持ってもらうことを目的に、2013年11月1日から高萩駅の発車メロディーをこの曲に変更した。
 下りのバージョンはサビ部分のアレンジで、原曲でピアノを担当した西本明氏が、上りのバージョンは間奏のトロンボーンソロ部分のアレンジで、ヤイトラー氏がそれぞれ演奏している。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る