ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR吹田貨物ターミナル駅〈参考〉

吹田貨物ターミナル
吹田貨物ターミナル全景
ガンバ大阪
(JR東海道線吹田貨物ターミナル駅 入線・発車)〈参考〉

ホーム 曲名
東ホーム・
西ホーム
奇蹟の絆[動]
  
 再開発事業により廃止された大阪・梅田貨物駅に代わって、大阪府吹田市に開業した吹田貨物ターミナル。国鉄時代最大規模といわれた吹田操車場跡地の約半分の土地を整備したもので、新しい大阪の物流拠点となることが期待されているほか、同時に残り半分の土地では新しい街づくりも進んでいる。

 この吹田貨物ターミナルでは、2013年3月16日の開業日から地元吹田市をホームタウンとするサッカーJリーグ・ガンバ大阪の公式応援ソング「奇蹟の絆」を、貨物列車発着の際の警報音として流している。貨物駅では、列車の発着や入換(構内での車両の移動)の際に作業員へ注意を促すための警報音があり、中には安治川口駅(大阪市此花区)ではJR東京駅、百済貨物ターミナル(同市東住吉区)ではJR渋谷駅でそれぞれ発車メロディーとして使われている楽曲を流すなど、この警報音にメロディーを取り入れているところもある。吹田貨物ターミナルの場合、周りが住宅地のため、騒音低減の観点から静かなオルゴール調のメロディーを採用したという背景もあるようだ(BSジャパン「鉄道貨物新時代〜Fのチカラ〜」より)。
 メロディーは、貨物の積卸しを行うコンテナホームへの入線・発車中(入換を含む)に流れる。一般客が乗り降りしない貨物駅での「ご当地」を意識したメロディーの使用は初めて。ターミナルの沿道や隣接するJR岸辺駅のホームからこのメロディーを聞くことができる。

 ガンバ大阪は毎年リーグの優勝争いに名を連ねる強豪チームだったが、この前年シーズン終了には初のJ2降格となった。2015年完成を目指し新しいスタジアムの建設も始まっており、チームの再起が期待されている。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る