ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR新庄駅

新庄まつりの山車
新庄駅にはその年の優秀作品に選ばれた山車が展示されている
新庄囃子
(JR山形新幹線・山形線・陸羽西線
・陸羽東線新庄駅 発車)

ホーム 曲名 備考
すべて 新庄まつり囃子(新庄囃子)[動] ワンマン列車では流れない
※陸羽西線は全列車ワンマンのため、通常は使用していない

 山形県新庄市では毎年8月下旬に「新庄まつり」が開催される。「東北三大山車祭」の一つとして数えられ、豪華絢爛を競った山車(やたい)の行列が街を練り歩く、1756年から続く歴史ある夏の風物詩だ。この祭りで演奏されるのが「新庄囃子」で、京都の祇園祭の囃子を基に作曲されたと伝えられている。
 市は「新庄らしい音楽で利用客を送り出したい」という思いから、JR新庄駅の発車メロディーにこの囃子を採用するようJRに要望。大型観光キャンペーン「山形デスティネーションキャンペーン」が開催されていたこともあり、イベントの一環として祭りの前日である2014年8月23日から使用されている。メロディーは、囃子の中でも代表的な曲目「宿渡(すくわたり)」の一節をアレンジしている。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る