ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR島本駅

山崎蒸留所玄関 蒸留所内のウイスキー樽
サントリー山崎蒸溜所はJR山崎駅から徒歩10分。工場内見学も行っている
人間みな兄弟〜夜がくる
(JR京都線島本駅 入線)

ホーム 曲名
すべて 人間みな兄弟〜夜がくる[動]
  
 2008年3月15日に開業したJR島本駅。駅がある大阪府島本町にはサントリーのウイスキー工場「山崎蒸溜所」があることから、「ウイスキーの町」としてPRしようと町がオリジナルの入線メロディーの採用を要望した。そこで、工場で誕生した「ザ・サントリーオールドウイスキー」のCMソングとして1967年から使われている「人間みな兄弟」を、開業日より使用している。JR西日本における新駅開業にあわせたご当地メロディーの採用は2007年3月に開業したさくら夙川駅に続くものである。

 この曲を手掛けたのは、CMソングやアニメソングの作曲から、「寺内貫太郎一家」などのテレビドラマで俳優としても幅広く活躍する小林亜星氏(1932-)。曲名について、JR西日本の発表では「人間みな兄弟〜夜がくる」としているが、もともとの曲名は「人間みな兄弟」で、それに日本語の歌詞をつけたものが「夜がくる」。「人間みな兄弟〜夜がくる」はCMで使用されたさまざまなバージョンを集めたCDアルバムの名である。メロディーの制作は小林氏が代表を務めるアストロミュージック出版、アレンジは作編曲家・矢田部正氏。

 なお蒸留所は島本町内にはあるものの、その場所は京都府大山崎町との府境そばである。そのため蒸留所へは一つ隣の山崎駅が近く、当駅が開業してもここが最寄駅というわけではない。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る