ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
京王電鉄柴崎駅


今日の日はさようなら
(京王線柴崎駅 接近)

ホーム 曲名 備考
1番線(下り) 今日の日はさようなら 通過・回送列車を除く
2番線(上り) 今日の日はさようなら

 京王電鉄と東京都調布市は2018年8月25日から、京王線柴崎駅の接近メロディーを柴崎ゆかりの曲「今日の日はさようなら」に変更した。
 この曲は、柴崎を拠点に活動していたボランティアグループ「ハーモニィサークル」の中で生まれた。作詞・作曲は、グループの発起人の一人である金子詔一氏(1942-)。主に子供会の活動をしていたグループで、集いの最後に歌う曲として1966年につくられた。のちに、当時デビューしたての歌手・森山良子が歌い、NHK「みんなのうた」で紹介されるなどして知られるように。現在ではフォークソングやキャンプファイヤーの定番曲として親しまれている。使用開始日は森山のレコード発売日にあわせている。
 メロディーの制作と演奏は、市内の桐朋学園大学音楽学部非常勤講師で、作曲家の鷹羽弘晃氏(1979-)と生徒達。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る