ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
熊本市電洗馬橋停留場


洗馬橋電停前にある親子のたぬき像
冬にはマフラーや耳当てが着せられ、地元住民から愛されている
あんたがたどこさ
(熊本市電B系統洗馬橋停留場 入線)

ホーム 曲名
健軍町方面 あんたがたどこさ(肥後手まり唄)[動]

 子供の頃に誰もが口ずさんだであろうわらべ歌の一つ。手まり唄として生まれたもので、歌詞は感覚でなんとなく覚えていた人が多いと思うが、「肥後」「熊本」「船場」といった地名が登場し、熊本が舞台となっているのが分かる。この「船場」が今の熊本市中央区船場町であるといわれている。曲中に出てくる「船場山のたぬき」にちなみ、1992年2月16日に近くの熊本市電洗場橋電停前の広場にたぬきの像が完成したのにあわせて、この曲が電車接近時に流れるようになった。メロディーが流れるのは健軍町方面ホームのみ。
 曲にある「船場山」は今は存在しないが、電停近くの県立熊本第一高校が建っている小高い丘のことを指す説や、熊本城の堀を掘った際に出た土で作った土塁が「せんば山」と呼ばれ、そこに狸が棲みついていたという説がある。また、電停で流れるのは「それを木の葉で……」と終わるメロディーだが、船場をはじめ熊本界隈では「うまさのさっさ」と違う歌詞で終わるもので歌われているとのこと。
(参考:1992年2月17日読売新聞熊本版)

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る