ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
西武鉄道西武秩父駅

旅立ちの丘 旅立ちの丘から見た秩父市街
秩父市内にある秩父ミューズパークには「旅立ちの丘」と名付けられた展望台があり、市街を一望できる。
展望台に上ると「旅立ちの日に」の合唱が流れる仕掛けだ

旅立ちの日に
(西武秩父線西武秩父駅 発車)

ホーム 曲名
1番ホーム 旅立ちの日にVer1[動]
2・3番ホーム 旅立ちの日にVer2[動]
 
 学校の卒業式で歌われる合唱曲「旅立ちの日に」。1991年、「歌声の響く学校」を目指そうと、当時の埼玉県秩父市立影森中学校の校長・小嶋登氏が作詞、音楽教諭・高橋浩美氏が作曲したもので、現在では卒業ソングの定番として全国に知られるようになった。
 西武鉄道では西武秩父駅を発着する観光電車「旅するレストラン 52席の至福」の運行や同駅構内のリニューアル、駅前の複合温泉施設の整備を行い、秩父への観光誘客を図っている。また、ユネスコ無形文化遺産に登録されることとなった市の伝統行事「秩父夜祭」の開催を12月に控えていることから、この機会に大勢の観光客に曲を聴いてもらおうと、2016年11月27日から同駅の発車メロディーに採用した。
 メロディーの制作は株式会社スイッチで、作曲家・福嶋尚哉氏がアレンジ。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る