ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
札幌市営地下鉄各駅

札幌地下鉄南北線の車両
札幌五輪開催にあわせて開業した地下鉄南北線。
車輪はゴムタイヤで、雪除けのシェルターを備えるのが特徴だ

虹と雪のバラード
札幌市営地下鉄各駅 入線)

 2030年の冬季オリンピック・パラリンピックの招致を目指す北海道札幌市は、招致活動の一環として1972年の札幌オリンピックのテーマソングだった「虹と雪のバラード」を活用する取り組みを進めている。これに関連して、札幌市営地下鉄各駅の入線メロディーにこの曲を採用することとなり、第70回さっぽろ雪まつり(大通会場)の開催にあわせ2019年2月4日から南北線・東西線の駅で、6日から東豊線の駅で流し始めた。
 「虹と雪のバラード」は「オリンピックが終わった後も長く歌い継がれる曲」を目指し、大会前年の1971年に発売され、ポップデュオ「トワ・エ・モア」が唄った。オリンピックの開催にあわせて街が整備され、地下鉄も開業したことから、当時の札幌の発展を象徴する曲にもなっている。再び札幌へオリンピックを迎えるため、この曲を駅で流し招致機運を醸成するのが目的。
 なお採用されたのは全46駅中、基本的に対面式ホームの駅のみ。島式ホームの駅では1つのスピーカーで両方向の放送を行っており、メロディーの追加で片方向の放送タイミングが遅れる可能性があるため、安全面を考慮し採用を見送った。真駒内は島式ホームの駅だが、1972年大会のメイン会場であった真駒内屋外・屋内両競技場の最寄駅であることから検討当初から採用候補に入っており、始発駅であることや運行時間に余裕があることから採用が決まった。これに関わる市の事業費は1千万円となっている。使用は招致が決定するまでとしているが、現在のところ期間は定められていない。

使用駅・ホーム 曲名
使用駅は下表を参照 虹と雪のバラード[動]

使用駅一覧
路線名 使用駅
南北線 北34条、北18条、北12条、大通、すすきの、中島公園、幌平橋、中の島、平岸、自衛隊前、真駒内
東西線 二十四軒、西28丁目、円山公園、西18丁目、菊水、東札幌、南郷7丁目、南郷13丁目、南郷18丁目、大谷地、ひばりが丘
東豊線 新道東、環状通東、北13条東、大通

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る