ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR佐貫駅

白鳥のモニュメント
駅前にある、龍ケ崎市の鳥「白鳥」のモニュメント
龍ケ崎市
(JR常磐線佐貫駅 発車)

ホーム 曲名
1番線(上り) RYUとぴあ音頭[動]
2番線(上下) かえるの合唱[動]
3番線(下り) 白鳥の湖[動]

 茨城県龍ケ崎市では、市のイメージアップを図るため、2017年6月3日からJR佐貫駅の発車メロディーを変更した。

 1番線は「RYUとぴあ音頭」。市のご当地ソングで、夏祭りで踊られている市民にはよく知れた曲。元気とワクワク感を高める曲調から採用した。2番線は童謡「かえるの合唱」。市内の緑豊かな田園風景を連想させるとともに、雨蛙に扮した「舞男」が高さ14メートルの柱の上で芸を披露する伝統行事「龍ケ崎の撞舞(つくまい)」にもちなんだ選曲。3番線はP.I.チャイコフスキー(1840-1893)作曲のバレエ音楽「白鳥の湖」。市内にある牛久沼と、牛久沼を泳ぐ市の鳥「白鳥」をイメージさせる。

 曲は市のサイトなどで一般に募集して選んだ。応募の中で一番多かったのは「白鳥の湖」とテレビアニメ「ドラゴンボール」のテーマ曲(龍ケ崎の「龍」=ドラゴンにちなんだ選曲)であったが、後者は著作権の関係から採用されなかった。メロディーの制作は株式会社スイッチで、作曲家・福嶋尚哉氏がアレンジ。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る