ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー
JR大沼公園駅

千の風モニュメント
大沼のほとりにある「千の風モニュメント」
千の風になって
(JR函館本線大沼公園駅 発着 特定列車)

ホーム 曲名 備考
すべて 千の風になって・メドレー[動] 現在不使用

 北海道南部の大沼国定公園に近いJR大沼公園駅では、2015年10月10日から2016年末ごろまで、「千の風になって」が列車発着時に流れていた。
 この曲は2006年にテノール歌手・秋川雅史(1967-)が歌って大ヒットした。訳詞・作曲した作家の新井満(1946-)は七飯町大沼にある別荘に滞在中、豊かな自然が広がるこの地で曲をつくったという。これにちなんで町では、「千の風になって誕生の地」として大沼の魅力を全国にアピールしようと活動している。また2016年3月には北海道新幹線が開業。終点の新函館北斗駅からわずか3駅という距離に位置することから、観光客の増加も期待されている。
 メロディーは新井氏自らが制作したもので、10通りの異なる曲調にアレンジしたメドレー形式となっている。特急列車発着時の約13分間ホームで流れた。

ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー へ戻る