ご当地駅メロディー資料館-イベント企画メロディー
JR青梅駅

青梅の街中 赤塚不二夫会館と昭和レトロ商品博物館
レトロな雰囲気の青梅の街中。往年の映画の看板が並ぶ(左)
青梅赤塚不二夫会館と昭和レトロ商品博物館(右)
レトロステーション青梅駅
(JR青梅線青梅駅 発車 期間限定)

ホーム 曲名
1番線(主に上り) ひみつのアッコちゃん verI [動]
2番線(主に下り) ひみつのアッコちゃん verC[動]

 東京都青梅市は、街中を昭和の匂い漂うレトロな雰囲気にすることで町おこしに取り組んでいる。これにあわせてJR青梅駅でも「レトロステーション青梅駅」と題し、構内に昭和の名作映画の看板やレトロ風そば屋を設置するなど、さまざまな施策を行っている。
 この一環として、漫画家・赤塚不二夫(1935-2008)原作の昭和のテレビアニメ「ひみつのアッコちゃん」の主題歌が、2005年3月29日から発車メロディーに使われている。赤塚は大の映画好きで、漫画家になる前は映画看板のを制作する仕事に携わっていたという。そんな縁で2003年、市内に赤塚の資料館「青梅赤塚不二夫会館」ができたことにちなんで、この曲が採用された。
 翌年の2006年5月9日からは「レトロステーション青梅駅」企画第2弾として2番線で新バージョンを採用した。2010年3月頃と2016年10月には使用ホームが入れ替わっており、現在は1番線にオルガン音色バージョン、2番線に木琴音色バージョンが使用されている。


「ひみつのアッコちゃん」使用状況
ホーム\使用期間 2005/3/29〜 2006/5/9〜 2010/3頃〜 2016/10/7〜
1番線(主に上り) verI verI verC verI
2番線(主に下り) verC verI verC

ご当地駅メロディー資料館-イベント企画メロディー へ戻る