ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
ゆいレール那覇空港・首里・てだこ浦西各駅

ゆいレール 首里城
ゆいレール(左) 沖縄のシンボルである、旧琉球王国の中心「首里城」(右)
沖縄民謡
(ゆいレール那覇空港・首里・てだこ浦西各駅 発車)

使用期間 使用駅 ホーム 曲名 備考
2003年8月12日〜
2019年4月13日頃
那覇空港 すべて 谷茶前[動] 現在不使用
首里 赤田首里殿内[動] 現在不使用
2019年4月13日
〜順次 
那覇空港 すべて 谷茶前[動]  
首里 赤田首里殿内[動] 始発列車のみ
てだこ浦西 ヒヤミカチ節[動] 2019年10月1日開業

 「ゆいレール」こと沖縄都市モノレールは、沖縄県を走る唯一の鉄道路線。2003年8月12日の開業から那覇空港、首里両始発駅の発車メロディーと、各駅到着前に流れる車内アナウンスのチャイムに沖縄民謡などを使用している。独特の音階で沖縄ムードを放ち、モノレールの雰囲気づくりに一役買っている。
 那覇空港駅の「谷茶前(たんちゃめ)」は、恩納村の海岸での漁の様子を歌った、沖縄本島を代表する民謡のひとつ。首里駅の「赤田首里殿内(あかたすんどぅんち)」は、琉球王朝時代からの地元の祭礼「弥勒迎け(みるくうんけー)」で唄われていたわらべ歌。
 2019年10月1日には路線が延伸され、新たな始発駅であるてだこ浦西駅では「ヒヤミカチ節」が採用された。戦後、沖縄の人々を元気づけようと作られた曲で、街の発展と飛躍への願いを込めたという。なお延伸に先立ち4月13日から順次、各駅の放送設備が交換され、新たに各種放送に沖縄音階のチャイム、途中駅に発車メロディーが加わるとともに、那覇空港、首里両駅の発車メロディーは従来よりもゆったりしたアレンジに変更された。延伸後の首里駅では、始発列車のみ「赤田首里殿内」が流れている。
 メロディーの制作・演奏は那覇市の音楽教室「名城サウンドアカデミー」代表の名城さえの氏、北谷(ちゃたん)町の音楽制作会社「ナンクル」代表で音楽プロデューサーの玉置淑晴氏。沖縄の美しい空と、さんさんと輝く太陽をイメージして演奏しているという。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る