ご当地駅メロディー資料館-イベント企画メロディー
りんかい線国際展示場駅、大井町駅

有明四季劇場
有明四季劇場(左)
かつて大井町駅近くにあった四季劇場[夏](右)
劇団四季ミュージカル楽曲
(東京臨海高速鉄道りんかい線国際展示場駅・大井町駅 発車)

 りんかい線国際展示場駅(東京都江東区)では2021年9月22日から、発車メロディーを劇団四季のミュージカル「ライオンキング」の楽曲に変更した。駅近くに専用劇場「有明四季劇場」がオープンするのにあわせた企画。劇場で上演されるミュージカルの楽曲を流し来場者の気分を盛り上げている。

 2番線の「Circle of Life(サークル・オブ・ライフ)」はメインテーマ曲。1番線の「Hakuna Matata(ハクナ・マタタ)」は劇中歌で、サビの「心配ないさー!」の叫びで知られている。

 かつては大井町に劇場があり、大井町駅(品川区)でも断続的に発車メロディーが変更されていた。「四季劇場[夏]」で上演されていた『美女と野獣』が国内通算公演4千回を迎えるのにあわせ、2011年6月21日から2013年1月28日までの間、主題歌「Beauty and the Beast(美女と野獣)」と劇中歌「Be Our Guest(おもてなし)」を採用。同年10月25日から2017年4月10日までは、新規上演の『リトル・マーメイド』の主題歌「Part of Your World」と劇中歌「Under the Sea」が使われた。

 2019年3月7日から2021年6月21日まで使われていたのは『キャッツ』の楽曲。1983年から公演を続ける劇団の看板作品で、2018年には[夏]に隣接して同作の専用劇場「キャッツ・シアター」をオープン。メロディー変更5日後の12日には公演1万回を達成した。「Memory」は代表曲、「Skimbleshanks:The Railway Cat(スキンブルシャンクス-鉄道猫)」はアップテンポで陽気な曲調から作品中でも人気の高いナンバー。

 いずれの劇場も周辺の再開発で2021年6月に閉館した。

 メロディーの制作は、劇団公演作品の音楽を手掛ける宮崎誠氏。「美女と野獣」「リトル・マーメイド」ではカーテンコール(舞台終了後の出演者の挨拶)の音楽を担当した。

上演作品 使用駅 ホーム 曲名 備考 使用期間
「美女と野獣」 大井町 1番線
(大崎方面)
美女と野獣[動] 現在
不使用
2011年6月21日〜
2013年1月28日
(※1)
2番線
(新木場方面)
ビー・アワー・ゲスト[動]
「リトル・
マーメイド」
1番線
(大崎方面)
パート・オブ・ユア・ワールド[動] 現在
不使用
2013年10月25日〜
2017年4月10日
(※2)
2番線
(新木場方面)
アンダー・ザ・シー[動]
「キャッツ」 1番線
(大崎方面)
メモリー[動] 現在
不使用
2019年3月7日〜
2021年6月21日
2番線
(新木場方面)
スキンブルシャンクス-鉄道猫[動]
「ライオンキング」 国際
展示場
1番線
(大崎方面)
ハクナ・マタタ[動]   2021年9月22日〜
2番線
(新木場方面)
サークル・オブ・ライフ[動]  
※1…公式では27日まで
※2…当初は16日からの予定だったが、台風接近の影響で延期された

ご当地駅メロディー資料館-イベント企画メロディー へ戻る