ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR男鹿駅

男鹿駅 なまはげ
2018年に新築された男鹿駅舎(左) 構内に展示されている「なまはげ」(右)
なまはげと秋田船方節
(JR男鹿線男鹿駅 到着・発車)

 秋田県男鹿市のJR男鹿駅では2022年2月11日から、列車発着の際に地元の伝統「なまはげ」の声による放送と、ゆかりの民謡「秋田船方節」を流している。

 「なまはげ」は男鹿市周辺に伝わる来訪神。大みそかの夜、「なまはげ」に扮する村人が家々に上がって暴れまわり、家族の悪事を戒めるとともに厄災を祓う。現在は秋田を代表する伝統文化のひとつとして知られている。列車の到着・発車の際、郷土芸能「なまはげ太鼓」とともに迫力ある声で乗客を送り迎えする。

 「秋田船方節」は男鹿が発祥の民謡で、現在の島根県で歌われていた「出雲節」が北前船に乗って伝わったものとされる。船乗りの心意気を歌う内容で、毎年、市内では「秋田船方節全国大会」が開かれている。

 男鹿の文化を広める目的で、JR東日本と同市が「なまはげ紫灯(せど)まつり」の開催にあわせて導入した。窓口営業時間中、状況に応じて放送される。期間は当分の間を予定。

ホーム 曲名 備考
すべて なまはげの声 と なまはげ太鼓「神参」
〜 秋田船方節
[動]
窓口営業時間中、状況に応じて放送
到着時と発車前に流れる

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る