ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR小田原駅

小田原駅の小田原提灯
JR小田原駅改札には巨大「小田原提灯」が吊るされており、駅のシンボルになっている
お猿のかごや
(JR東海道線小田原駅 発車)

ホーム 曲名
3番線(東海道線下り) お猿のかごや[動] 後半部
4番線(東海道線上下) お猿のかごや[動] 前半部
3番線(東海道線上下) お猿のかごや[動] 全部分
4番線(東海道線下り) お猿のかごや[動] 全部分

 JR小田原駅では地元、神奈川県小田原市にゆかりのある童謡「お猿のかごや」を2014年11月1日から発車メロディーに採用した。
 この曲では軽快なメロディーの中で「小田原提灯ぶらさげて……」と歌われている。「小田原提灯」は江戸時代に宿場町だった小田原で旅人向けにつくられた、畳んで携帯できる提灯。歌自体は作詞した山上武夫(1917-1987)が故郷の長野県松代町(現・長野市)の山々と夕暮れの風景を懐かしんで書いたものだが、山上の実家が骨董商を営み、店に小田原提灯があったことを思い浮んだのが詩に登場するきっかけだったという。
 市や観光協会、小田原箱根商工会議所などが「郷土にあった曲を発車メロディーに」という市民の提案を受けて実現に向け活動し、地元にちなんだこの曲を選んだ。メロディーの制作は同市出身のロックバンド「藍(あお)坊主」のリーダー・藤森真一氏が担当。駅東口の新地下街「HaRuNe小田原」のオープンにあわせて変更された。今後市内のほかの駅も変更していきたい考えだという。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る