ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー
JR能美根上駅

「栄冠は君に輝く」歌碑 能美根上駅前から延びる「ホームラン通り」
根上野球場に「栄冠は君に輝く」の歌碑がある(左) 駅前通りはその名も「ホームラン通り」(右)
ちなみに元メジャーリーガーの松井秀喜氏も旧・根上町の出身。何かと野球と縁のある街だ。
栄冠は君に輝く
(JR北陸本線能美根上駅 入線)

ホーム 曲名 備考
すべて 栄冠は君に輝く[動] 現在不使用

 夏の全国高等学校野球選手権大会の大会歌として知られる曲。この曲を作詞した文筆家・加賀大介(1914-1973)が石川県能美市(旧・根上町)出身であることにちなみ、2015年3月1日から2017年3月31日までの間、JR能美根上駅の入線メロディーに使われている。
 この曲は1948年に朝日新聞が大会歌を募集して制作したもので、加賀が応募した詞が一位となって採用された。しかし当時は自身の名前を伏せ、妻の名義で応募していた。加賀が作詞したと本人が明かしたのは1968年のことであった。作曲者は福島県福島市出身の古関裕而(1909-1989)で、同市のJR福島駅では新幹線の発車メロディーにこの曲が使われている。
 当駅では2014年に新駅舎が完成し、同時に駅周辺の整備も進められてきた。さらに2015年3月14日のダイヤ改正にあわせ、旧駅名の「寺井」から市の名前が入った「能美根上」に改称され、同市唯一の駅は新たなスタートを切ることとなった。これに先立ち、市の駅周辺整備事業の完成式が行われるのにあわせて変更された。メロディーの制作と演奏は、同市寺井町のピアノ講師・鈴木有里枝氏。軽やかな前奏をつけ、桜が咲いている春のイメージでアレンジしたという。
(参考:能美市「広報能美」2015年4月号)

ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー へ戻る