ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR七尾線良川駅他

良川駅 良川駅に植樹されたハナミズキの木
良川駅(左) メロディー変更にあわせて同駅構内にはハナミズキの木が植樹された(右)
ハナミズキ
(JR七尾線良川駅
 入線)

使用駅 ホーム 曲名 備考
宇野気・羽咋・金丸・能登部・
良川・能登二宮・七尾
すべて ハナミズキ[動] 七尾の「のとのりば」を除く
   
 2002年に「もらい泣き」でデビューし、日本レコード大賞最優秀新人賞などを受賞した歌手・一青窈(ひとと よう)の曲。彼女にゆかりのある石川県能登半島を走るJR七尾線の駅で、2015年4月1日からヒット曲「ハナミズキ」が入線メロディーになっている。
 彼女自身は東京都出身だが、母親が石川県鳥屋町(現・中能登町)の出身。メロディーの採用はJR社員の発案によるもので、町内に「一青」や「花見月(はなみづき)」といった地名があることにもちなんでこの曲が選ばれた。メロディーは、作曲したマシコタツロウ氏が制作。原曲と同じピアノ演奏でアレンジされている。
 中能登町内にある金丸・能登部・良川・能登二宮の各駅と、線内の主要駅のうち宇野気・羽咋・七尾の計7駅で使用されている。この3月には北陸新幹線が金沢まで開業したことから、地域ゆかりの曲で観光客を迎える取り組みとして実施した。
(参考:北國新聞)

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る