ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー
名古屋市営地下鉄各駅

東山線 名城線
名古屋で初めての地下鉄として開業した東山線(左)
名城線は全国で唯一環状運転を行う地下鉄(右)
名古屋市営地下鉄各線のイメージ
(名古屋市営地下鉄各駅 接近)

 (メロディーは下表を参照)

 愛知県の名古屋市交通局では地下鉄名城線の全線開通1周年を記念し、2005年10月から同線と名港線の駅の列車接近案内を、これまでのチャイムからメロディー(交通局は「メロディサイン」と呼称)へ試験的に変更した。このとき採用されたのは作曲家・櫻井隆仁氏が制作した、首都圏のJR東日本各駅で発車メロディーに使われているメロディーだった。これが利用者に好評だったことから、交通局では他の路線への拡大を決め、2007年3月19日からは上飯田線を除く地下鉄5路線で新たなメロディーを使用開始した。交通局は、メロディーで駅の雰囲気を和らげ、地下鉄へ親しみを持ってもらうことを期待している。

 メロディーを制作したのは、同市在住で名古屋市立大学芸術工学部芸術工学研究科の水野みか子助教授(現・准教授)。その路線の行先や沿線の特徴をつかんだメロディーとなっているほか、例えば名城線の曲では右回り(上り)は「ドレミファソラシド」と「上がる」音階、左回り(下り)は逆の「下がる」音階になっていたり、言葉をのせたメロディーもある。
 制作に際しては交通局や大学の学生に意見を聞きながら修正を行っていき、製作段階で却下されたものもあるという。また、最終的には12曲が交通局に納品されており、「予備」として現在のところ使用目的のない未使用の曲が2つある。

名古屋市営地下鉄各線メロディー使用状況
路線 ホーム 曲名 曲のイメージ・特徴など
東山線 高畑
方面側
イエローライン
[動]
「地下鉄楽しいな」の言葉をメロディー化。曲名は東山線のシンボルカラーの黄色から。東山動植物園へ向かう親子連れの賑やかで暖かなイメージ。
藤が丘
方面側
ドリーム
[動]
東山線は名古屋初の地下鉄。「夢の乗り物」でお出かけのイメージ。
名城線 右回り
(上り)側
サークル・ポイント
[動]
「1、2の3で励みましょう」の言葉をメロディー化。上り方面であるため上がる音階。スポーツに励んでハツラツとしている感じのイメージ。
左回り
(下り)側
ランディング
[動]
「さあさあ、みんなで帰ろうよ」の言葉をメロディー化。下り方面であるため下がる音階。
名港線 金山
方面側
___海___
[動]
変幻自在の海の色のように、同じ音を繰り返し「玉虫色のパターン」が浮かび上がるイメージ。
名古屋港
方面側
ハッピータイム
[動]
「船を見ようよ港へ行って」の言葉をメロディー化。名古屋港へ向かう路線。港にはテーマパークやイベント会場など楽しさがある。
鶴舞線 上小田井
方面側
ファンタジー
[動]
(沿線に鶴舞公園や庄内緑地があることから)公園でゆるやかな時間を過ごしながら昔を思い出すイメージ。
赤池
方面側
サンライト
[動]
「電車に乗って出かけるのは心おどるよ」の言葉をメロディー化。明るい日差しの中を颯爽と歩く若者たちをイメージ。
桜通線 中村区役所
方面側
チェリー
[動]
モダンな建物と街路樹が並ぶオフィス街。甘酸っぱい香りがする淡い恋もしてみたい。三拍子と二拍子の混合で桜色という微妙な色彩を思わせる。
徳重
方面側
オーバル
[動]
オーバル(楕円形)の、中心から外へ広がる感じが、卵が成長するような将来性を思わせる。(桜通線のように)街の中心部から外へ向かうときもその逆の時も、柔軟性をモットーに進むイメージ。
注…一部上図どおり使用していない駅がある。
ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー へ戻る