ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR盛岡駅
ダイジョウブ
(JR東北・秋田新幹線盛岡駅 発車 期間限定)

ホーム 曲名
11・12番線(上り) ダイジョウブ
13・14番線(主に下り) ダイジョウブ

 JR東日本盛岡支社では2019年11月1日から2021年10月31日までの間、盛岡駅(岩手県盛岡市)新幹線ホーム(11〜14番線)の発車メロディーを変更している。
 曲は音楽グループ「オフコース」の元リーダーで、シンガーソングライター・小田和正が歌う「ダイジョウブ」。同市を舞台として2007年に放送されたNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」の主題歌に起用された。2020年11月1日に駅開業130周年を迎えるのにあわせ、「新幹線に乗る時も、盛岡らしさを感じてほしい」と同駅が盛岡ゆかりの楽曲の採用を検討してきたという。変更に係わる費用はJRが負担した。
 この曲を選んだのは千葉利博駅長。学生時代からファンであったという駅長自ら、小田宛てに手紙を書いて直談判したという。
 メロディーの制作は同市在住、作・編曲家の佐藤将展(しょうてん)氏。アコースティックギターやバイオリンの音色を使い、岩手の豊かな自然をイメージしてアレンジしたという。佐藤氏は岩手発のフュージョンバンド「姫神せんせいしょん」の元ドラマー。バンド解散後は岩手で音楽活動を展開し、県イメージキャラクターのテーマソング「わんこきょうだいのうた」や、2016年岩手国体のイメージソングなどを手掛けている。ちなみに「姫神せんせいしょん」結成時のプロデューサーであった姉帯俊之氏も、2019年3月からJR一ノ関駅(一関市)で使われている「夕暮れ時はさびしそう」の発車メロディー制作を担当している。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る