ご当地駅メロディー資料館-イベント企画メロディー
みなとみらい線みなとみらい駅

横浜みなとみらいの街並み ファイナルファンタジーの広告フラッグ
横浜みなとみらいの街並み(左)
大型複合施設「クイーンズスクエア横浜」ではファイナルファンタジーの大規模な宣伝広告が行われた(右)

イベント関連の発車メロディー
(みなとみらい線みなとみらい駅 発車 期間限定)

 みなとみらい線みなとみらい駅(神奈川県横浜市)では、みなとみらい地区のイベント開催などにあわせて、断続的に発車メロディーが変更されている。

 2017年6月1日から7月7日までは、コンピュータRPG「ファイナルファンタジー」シリーズの楽曲が発車メロディーに使用された。これは、同作の発売30周年を記念してみなとみらい地区で開催されたイベント「ファイナルファンタジー30周年×横浜」の企画の一つ。同シリーズは1987年の第1作発売以来、全世界で1億3000万本以上を売り上げる人気を持つ。シリーズを手掛ける株式会社スクウェア・エニックスの前身が同市で創業したことや、海港都市である横浜が作品中に登場する港町を想起させることから、同社が市に打診したことで実現した。

 2019年9月4日から11月15日までは、「横浜音祭り2019」と「ラグビーワールドカップ(RWC)2019」にちなんだ楽曲を採用した。
 2番線は「横浜音祭りファンファーレ」。市内全域を会場として3年に一度開催される音楽フェスティバル「横浜音祭り」のテーマ曲。作曲したのは吹奏楽作品を数多く手掛けるベルギーの作曲家ヤン・ヴァン=デル=ロースト氏(1956-)で、船や港、市の花であるバラを想起させるファンファーレとなっている。発車メロディーに使われているファンファーレの終盤部分では、アメリカ式の音名表記になぞらえてアルファベットを音階に当てはめ、「YOKOHAMA」を「ド・ソ・ド・ソ・シ・ラ・ミ・ラ」という音で表現している。
 1番線はイギリスの作曲家グスターヴ・ホルスト(1874-1934)が手掛けた組曲『惑星』から「木星(ジュピター)」。RWCのテーマ曲「World In Union(ワールド・イン・ユニオン)」はこの曲のメロディーがもとになっている。横浜はRWC2019日本大会の開催地のひとつとなり、みなとみらいの臨港パークにはパブリックビューイングなどが行われる「ファンゾーン」が設けられた。
 メロディーの制作は(株)音楽館で、アレンジは作曲家・向谷実氏。向谷氏は「横浜音祭り2019」のイベントの一つとして10月に特別講演を開いた。

 2019年11月29日から2020年2月23日までは、ディズニー映画「美女と野獣」の主題歌が使われた。2020年2月22,23日に、市内の横浜アリーナで「Disney on CLASSIC Premium 『美女と野獣』イン・コンサート」が公演されるのにあわせたもので、主催するハーモニー・ジャパンとともに公演周知の一環で企画された。

使用期間 ホーム 曲名 備考
2017年6月1日
〜7月7日
1番線
(下り)
Victory's Fanfare
(勝利のファンファーレ)
[動]
現在不使用
コンピュータRPG『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』から。「ファイナルファンタジー30周年×横浜」の企画。シリーズを手掛けるスクウェア・エニックスの前身が横浜市で創業した縁。
2番線
(上り)
Final Fantasy
(メインテーマ)
[動]
現在不使用
2019年9月4日
〜11月15日
1番線
(下り)
木星(ジュピター)[動]
現在不使用
組曲『惑星』から。ラグビーワールドカップのテーマ曲の原曲。みなとみらいには2019年大会パブリックビューイング会場が設けられた。
2番線
(上り)
横浜音祭りファンファーレ[動]
現在不使用
横浜市で3年に一度開催される「横浜音祭り」テーマ曲。
2019年11月29日
〜2020年2月23日
1番線
(下り)
美女と野獣[動]
現在不使用
ディズニー映画「美女と野獣」の主題歌。横浜アリーナでの「美女と野獣イン・コンサート」公演にあわせた変更。
2番線
(上り)
美女と野獣[動]
現在不使用

ご当地駅メロディー資料館-イベント企画メロディー へ戻る