ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー
京都丹後鉄道福知山・宮津・天橋立各駅

天橋立 特急「丹後の海」
沿線にある日本三景のひとつ、天橋立(左)
丹鉄の特急車両「丹後の海」(右)

丹鉄サウンドブランディング
(京都丹後鉄道宮津・天橋立・福知山各駅 接近・入線・発車)

使用駅 ホーム 曲名 備考
下表を参照 各駅メロディー[動] 曲名は下表を参照

原曲名・
テーマ
使用駅 ホーム 使用別 曲名
海鉄
(宮舞線) 
福知山 丹鉄1・2番のりば 入線 宮舞線・接近メロディ
宮津・
天橋立
すべて 接近
3番のりば
(西舞鶴方面)
発車 宮舞線・発車メロディ
花鉄
(宮豊線)
使用実績なし   宮豊線・接近メロディ
宮津・
天橋立
1・2番のりば
(主に豊岡方面)
発車 宮豊線・発車メロディ
霧鉄
(宮福線)
使用実績なし   宮福線・接近メロディ
宮津 4番のりば
(福知山方面)
発車 宮福線・発車メロディ
 
 京都丹後鉄道では2017年4月1日から(3月28日頃から順次)、「丹鉄サウンドブランディング」と題した試みで駅メロディーやBGMなどを一新した。
 これは、駅や車内で流れる音楽を統一したテーマに沿って制作するというもの。手掛けたのは丹鉄沿線の京都府宮津市出身で、京都精華大学人文学部教授・作曲家の小松正史氏。前年に同市内で開かれた小松氏の演奏会に訪れた丹鉄の関係者がメロディーの制作を依頼。これに対し小松氏は、駅や車内で流れる音楽を総合的にプロデュースすることを提案。鉄道好きで地元への思い入れも強かったことから、このプロジェクトを無償で引き受けたという。

 小松氏はまず、「人にやさしく、丹鉄らしい音づくり」をコンセプトに、3つある路線毎にテーマ曲をつくった。海沿いを走る宮舞線(宮津〜西舞鶴)は、海の近くを颯爽と走る様子をイメージした「海鉄」。宮豊線(宮津〜豊岡)は線路沿いに花を植える活動を進めていることから、花びらが舞うイメージで、懐かしさと明るさを持つ「花鉄」。山間部を走る宮福線(福知山〜宮津)は、沿線で出る霧が幻想的であることから、低音で霧の漂いや落ち着きを表現した「霧鉄」。そして、それぞれの楽曲から一節を抜き出して接近(入線)メロディーと発車メロディーを計6曲制作した。接近メロディーは福知山、宮津、天橋立の3駅で、発車メロディーは宮津と天橋立の2駅で使用されている。但し接近メロディーは乗客の混乱防止のため、宮豊線と宮福線用のメロディーは採用されず、全て宮舞線用のメロディーになっている。本来であれば接近メロディーと発車メロディーは路線毎に一続きになっており、統一感を持たせてある。

 また宮津と天橋立両駅の待合室では、3路線のテーマ曲をピアノや琴でアレンジしたものなどをBGMで流している。このほか観光列車「丹後くろまつ号」の車内BGMや特急車両「丹後の海」の車内放送チャイムも制作した。6月にはこれらの楽曲を収めたCD「丹鉄メロディ」が発売された。

 以前は第三セクターの北近畿タンゴ鉄道によって運行されていた丹鉄の路線。しかし全国の第三セクター鉄道の中で最悪の赤字額を出すなど経営が行き詰っていたことから、先進的な高速バスサービスで注目を浴びるウィラーグループが2015年に路線を引継ぎ、民間のノウハウを取り入れて経営再建を目指している。丹鉄を運行するウィラー・トレインズは、この取り組みによって「鉄道利用がより快適になるようにし、移動が特別な時間と体験となることを目指す」としている。

ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー へ戻る