ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー
京都市営地下鉄烏丸線各駅

烏丸線
地下鉄烏丸線の10系車両
京都のイメージ
(京都市営地下鉄烏丸線各駅 入線)

使用駅 ホーム 曲名
各駅
(竹田を除く)
竹田方面側 (入線メロディー)[動]
国際会館方面側 (入線メロディー)[動]
 
 京都府京都市を走る2つの市営地下鉄のうち、1997年に開業した東西線は開業当初よりホームドアの整備などを実施していたが、それに比べ1981年に開業した烏丸線の安全対策は遅れていた。そこで2011年3月25日より、この安全対策の一環として駅の列車接近放送を一新し、メロディーを採用した(竹田駅を除く)。

 メロディー制作にあたって、音響・音楽心理学を研究する京都市立芸術大学の津崎実教授の意見を取り入れた。だが、津崎教授は専門家の立場として「ホームドアなどの設備があれば駅で流れるメロディーは不要では」という考えから、京都市交通局より話を受けた際に「音楽を使わないでできないのか?」と返答したという。しかし、赤字が続く京都市営地下鉄には莫大な費用のかかる設備投資が困難であることを聞き、「仕方なく、もしつけるとすればどんなものか」と助言したという(なおその後ホームドアの導入が決まり、2014年度から烏丸御池・四条・京都の各駅に順次設置予定)。条件として、「騒音があっても聞き取りやすい」「他の音楽と区別しやすい」「警告効果を出すためメロディーを繰り返す」「上り線と下り線を区別できるようはっきり異なるメロディーにする」点を回答した。

 この意見をもとに、音楽デザインに携わる人物がメロディーを制作。上り国際会館方面は、京都市にある音楽制作を手掛けるeewh[いーふ]の代表・江藤誠哉氏が担当した。入線メロディーは「どこかしら京都らしさを感じさせるメロディー」をコンセプトにしたという。

ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー へ戻る