ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー
京都市営地下鉄東西線各駅

醍醐寺五重塔 醍醐寺金堂
国宝に指定されている醍醐寺五重塔(左)と金堂(右)
京都のイメージ
(京都市営地下鉄東西線各駅・京阪京津線御陵駅 発車)

 1997年10月12日に京都市2番目の地下鉄として開業した東西線。ホームドアや駅ごとのイメージカラーの採用など新しい試みを行った路線だが、発車メロディーもその取り組みの一つ。京都の地下鉄にふさわしく和風を追求したメロディーとなっている。
 メロディーは4曲で、方向別に2曲と、御陵駅では地下鉄に乗り入れる京阪大津線(京津線)ホームに2曲があり、それぞれ独自のコンセプトをもっている。メロディーの制作は当時、レコード会社・テイチク(現・テイチクエンタテインメント)でディレクターを務めていた櫻井隆仁氏。和を意識したものにするため京都の街を歩いて構想を練ったり、詩仙堂の水琴窟の音をサンプリングして使ったという。この実績からのちに、櫻井氏は新宿駅をはじめ首都圏のJRで使用されている発車メロディーの制作も手掛け、活躍の場を広げることとなった。

使用駅 ホーム 曲名 曲のイメージ
東西線
各駅
(下を除く)
太秦天神川方面側 醍醐寺の鶯(うぐいす)[動] とばりのように京の町並みに降りてくる
朝靄の印象がモチーフ
六地蔵方面側 古都の朝靄(あさもや)[動] 醍醐寺の梢にとまる鶯をイメージ
御陵 2番のりば(京津線から
太秦天神川方面)
春開き[動] 水琴窟の音をベースに
京都の穏やかな春の雰囲気をイメージ
4番のりば
(京津線びわこ浜大津方面)
詩仙堂猪脅し[動] 古都の雅やかな情景をイメージ、
ししおどしの音が強烈なインパクトを与える


ご当地駅メロディー資料館-イメージメロディー へ戻る