ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR鴻巣駅・北鴻巣駅・吹上駅

荒川河川敷のポピー畑
市内を流れる荒川河川敷にある広大なポピー畑
鴻巣市花のイメージソング
(JR高崎線鴻巣駅・北鴻巣駅・吹上駅 発車)

使用駅 ホーム 曲名
鴻巣 すべて HANDS-大きな手から小さな手へ- verC[動]
北鴻巣 HANDS-大きな手から小さな手へ- verB[動]
吹上 HANDS-大きな手から小さな手へ- verA[動]

 「花のまち鴻巣」をキーワードにPRを行う埼玉県鴻巣市は、1948年にパンジーの栽培を始めたのをきっかけに花卉生産が盛んになり、全国屈指の花の産地として知られている。
 この「HANDS 〜大きな手から、小さな手へ〜」(原曲表記)は市の花のイメージソングとして制作され、市内出身のシンガーソングライター・美根ゆり香が歌う曲。イメージソングとなったのを機に、観光振興策として駅の発車メロディーとして使用できないかと話が持ち上がり、2010年8月1日から市内のJR高崎線鴻巣・北鴻巣・吹上の3駅で使用されている。メロディーの制作は(株)スイッチで、作曲家・福嶋尚哉氏がアレンジ。これに伴い市は制作費等58.6万円を支出した。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る