ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR高円寺駅

東京高円寺阿波踊りの様子
東京高円寺阿波踊りの様子
阿波踊り
(JR中央線高円寺駅 発車)

使用期間 ホーム 曲名 備考
04〜15年の
毎年8月 
1番線(各駅停車三鷹方面) 阿波踊りverA[動] 現在不使用
2番線(各駅停車千葉方面) 阿波踊りverB[動] 現在不使用
16年8月1日〜  1番線(各駅停車三鷹方面) 阿波踊りverC[動]  
2番線(各駅停車千葉方面) 阿波踊りverD[動]  

 阿波踊りの本場は徳島であるが、現在は徳島や埼玉・越谷と並んで「日本三大阿波踊り」の一つに数えられるほど、東京・高円寺の阿波踊りは大規模である。1959年に街おこしの企画として生まれた「東京高円寺阿波おどり」は、女性の優雅な舞、若者男性のハツラツとした踊り、そして踊り狂うおじさんと地域の人々が一致団結し、今では多くの見物客が押し寄せる夏の大イベントとなっている。
 JR高円寺駅では地元からの要望を機に、2004年から2015年までの毎年8月中(当初は月末までだったが、のちに阿波おどり開催日の前日まで)限定で、発車メロディーに阿波踊りのお囃子が使用された。お囃子のリズムは「連」と呼ばれるグループによって異なるが、発車メロディーは徳島の有名連「娯茶平(ごぢゃへい)」のものが元になっている。
 開催60回目を迎えた2016年8月からは、杉並区などからの要望を受けて通年使用となり、同時に新しいアレンジのメロディーに変更された。制作は株式会社ジーアングルで、松本健氏がアレンジ。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る