ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
京王電鉄布田駅・京王多摩川駅

調布駅にある往年スターの手形 調布映画発祥の碑
調布駅東口改札にある往年日活スターの手形(左)
京王多摩川駅近くの公園にある「調布映画発祥の碑」(右)
調布ゆかりの映画主題歌
(京王線布田駅・相模原線京王多摩川駅 接近)

 京王電鉄と東京都調布市は2020年2月14日から、京王線布田駅と相模原線京王多摩川駅の接近メロディーを、調布ゆかりの映画の主題歌に変更した。
 市内には日活調布撮影所や角川大映スタジオのほか、映画・映像関連企業が数多く集積している。きっかけは1933年、日本映画多摩川撮影所が現在の京王多摩川駅近くに開設されたこと。時代劇・現代劇どちらにも適した自然環境や、フィルム現像に欠かせない良質な地下水といった好条件を持つ土地だったことから、最盛期には3社が撮影所を構え「東洋のハリウッド」と呼ばれていた。現在、市は「映画のまち調布」をキャッチコピーに、ロケの積極的な受け入れや映画関連イベントの開催に取り組んでおり、接近メロディーの変更で街の魅力をさらに発信していきたい考えだ。
 接近メロディーに採用されたのはいずれも、それぞれの駅に近い撮影所で撮影が行われた映画作品の楽曲。布田駅の「いつでも夢を」は、日活調布撮影所で撮影が行われた同名映画(1963年公開)の主題歌で、橋幸夫をと吉永小百合のデュエット曲。京王多摩川駅の「Shall We Dance?」は、角川大映スタジオで撮影が行われた映画「Shall we ダンス?」(1995年公開)の主題歌で、もとはミュージカル「王様と私」の楽曲。メロディーは、「Shall we ダンス?」で音楽を手掛けた作曲家・周防義和氏が制作した。

路線 使用駅 ホーム 曲名 備考
京王線 布田 1番線(下り) いつでも夢を[動] 通過・回送列車を除く
2番線(上り) いつでも夢を[動]
相模原線 京王多摩川 1番線(下り) Shall We Dance?[動]
2番線(上り) Shall We Dance?[動]

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る