ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR桐生駅

桐生八木節まつり
桐生八木節まつり名物の大やぐら
八木節
(JR両毛線桐生駅 発車)

 群馬県桐生市にあるJR桐生駅では2011年6月15日から、発車メロディーを県民謡「八木節」に変更した。

 「八木節」は同市や太田市、栃木県足利市など、ちょうど現在の両毛線沿線の地域が発祥の曲。毎年8月に「桐生八木節まつり」が開催されていることや、市制施行90周年と大型観光キャンペーン「群馬デスティネーションキャンペーン」の開催にあわせ、桐生を観光客にアピールし、市民にも広く親しんでもらうための取り組みとして実施した。

 メロディーの制作は(株)スイッチで、作曲家・塩塚博氏がアレンジ。民謡らしい笛の音が特徴的で、前奏から歌いだしまでの部分が使用されている。上下線で分けることを考慮し、もう一つ唄の部分をアレンジしたバージョンも制作されたが、採用されなかった。

 このほか同年頃から上毛電鉄西桐生駅でも、電車が到着した際に改札口で流れる、運賃精算に関する案内放送のBGMになっている。

ホーム 曲名 備考
すべて 八木節verA[動] わたらせ渓谷鐵道の列車は除く

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る