ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー
JR川口駅他

川口駅前の様子
川口駅前の様子
川口市民歌
(JR京浜東北線西川口駅・川口駅・武蔵野線東川口駅 発車 期間限定)

使用駅 ホーム 曲名 備考 使用期間
西川口・川口 1番線(大船方面) 川口市民歌[動] 現在不使用 2013/11/10〜14/1/10、
2018/11/1〜30
東川口 1番線(府中本町方面)
西川口・川口 2番線(大宮方面) 川口市民歌[動] 現在不使用 2013/11/10〜14/1/10
東川口 2番線(西船橋方面)
西川口・川口 2番線(大宮方面) 元気川口・御成道サンバ[動] 現在不使用 2018/11/1〜30
東川口 2番線(西船橋方面)

 埼玉県川口市のJR西川口、川口、東川口の各駅では、市のイメージアップや地域振興を目的として、川口市の歌「川口市民歌」を2013年11月10日から2014年1月10日まで発車メロディーに使用した。
 「川口市民歌」は1962年の市制施行30周年を記念して制作されたもの。作詞は「リンゴの唄」で知られるサトウハチロー(1903-1973)、作曲は童謡「ぞうさん」「おつかいありさん」の團伊玖磨(1924-2001)が手掛けた。2008年2月には市観光協会が発車メロディーへの使用を要望していたが、「停車時間が短い」などの理由により話があわなかった。その後、市と川口商工会議所がJRと協議を続け、市制施行80周年と市民歌制定50周年の年である2013年、それに11月10日の「川口の日」にあわせて変更された。市としては継続使用を要望したものの実現せず、期間限定となった。
 
 その後2018年に同市中核市に移行したことを記念するとともに、市内で4年に一度開かれる「川口宿 鳩ケ谷宿 日光御成道まつり」の開催をPRすることを目的に、同年11月1日から30日まで再び発車メロディーを変更。各駅1番線は以前と同じ「川口市民歌」、2番線は祭りのテーマソング「元気川口・御成道サンバ」が採用された。
 祭りは市内を縦断し日光東照宮へと向かう「日光御成道」を舞台に、徳川将軍の武者行列を再現するもの。「元気川口・御成道サンバ」は祭りのテーマソングとして2016年に制作され、「マツケンサンバU」で知られる振付師の真島茂樹氏が振付けを手掛けた。メロディーの制作は株式会社スイッチで、アレンジは作曲家・福嶋尚哉氏。

ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー へ戻る