ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー
えちごトキめき鉄道糸魚川駅

「ふるさと」歌碑 相馬御風旧宅
駅前にある「ふるさと」の歌碑(左) 駅から北へ徒歩5分、「相馬御風旧宅」(右)
相馬御風作詞曲
(えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン糸魚川駅 発車)

ホーム 使用時期
(2003年頃以降)
曲名 備考 使用開始日
1・3番のりば 1月下旬〜4月上旬 春よ来い[動] 現在不使用
ワンマン列車
では流れない
2002年3月23日〜
4月上旬〜7月下旬 ふるさと[動] 2003年頃〜
7月下旬〜9月上旬 夏の雲[動] 2000年1月20日〜
9月上旬〜1月下旬 カチューシャの唄[動] 2003年頃〜

 童謡や民謡、早稲田大学・日本大学の校歌など、様々なジャンルで作詞に携わった詩人・相馬御風(1883-1950)が新潟県糸魚川市出身であることにちなみ、2000年1月20日からJR北陸本線(現・えちごトキめき鉄道)糸魚川駅の発車ベルを、彼が作詞した童謡「夏の雲」のメロディーに変更した。この年は彼の没後50周年であったこともあり、さわやかなイメージで乗車してもらおうという狙いから採用された。
 2002年3月23日には同じく彼が作詞した童謡「春よ来い」に変更。その後、童謡「ふるさと」や大正の流行歌「カチューシャの唄」を加えた計4曲が季節にあわせて使用されるようになった。メロディーは糸魚川市の夕方5時の防災行政無線のチャイムで流れる音源と同じものが使われており、これを編集して流している。曲ごとの使用時期は、同様に季節で曲が変わる防災行政無線のチャイムの切り替えにおおむね準じているが、年によって変わるタイミングは異なる。

 2015年3月の北陸新幹線開業に伴い、JR北陸本線は第三セクターのえちごトキめき鉄道に移管された。この際ほとんどの列車がワンマン運転となり乗務員によるボタン操作ができなくなったため、メロディーを聞く機会は極めて少なくなった。更に2017年3月には放送設備が置き換えられたことで発車メロディーの使用を取りやめたとみられる。現在ではこれに代わって新幹線ホームで「春よ来い」が発車メロディーに使われている。

ご当地駅メロディー資料館-過去のご当地駅メロディー へ戻る