ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー
JR・伊豆急行宇佐美駅・伊東駅

伊東線とみかんの木
伊東市はみかんの産地。線路沿いにもみかん畑が多い
みかんの花咲く丘
(JR・伊豆急行宇佐美駅・伊東駅 発車)

使用駅・ホーム 曲名
宇佐美1番線 みかんの花咲く丘[動]
伊東1番線
伊東2番線 みかんの花咲く丘[動]
宇佐美2番線
伊東3番線
みかんの花咲く丘[動]

 日本を代表する童謡の一つ。みかんの産地としても知られる静岡県伊東市のJR伊東駅・宇佐美駅では、2015年3月29日からこの曲が発車メロディーに使われている。
 「みかんの花咲く丘」は、1946年8月に伊東市内であったNHKラジオの生中継で披露するためにつくられた。放送の前日に加藤省吾(1914-2000)が作詞し、それを踏まえて海沼實(1909-1971)が東京から伊東へ向かう途中に列車内でメロディーを書き上げた。曲はラジオ放送によって全国的な反響を呼び、市民にもなじみが深いという。
 市や地元の観光協会・商工会議所などが、伊東のイメージアップを目的にこの曲を発車メロディーにしようと活動に取り組んだ。2014年12月に市民にアンケートを実施。結果を踏まえJR東日本に要望したことで実現した。

ご当地駅メロディー資料館-ご当地メロディー へ戻る